日本のゲーム一覧

終末世界のチンピラでも、救世主でもなく、モブキャラになって生活できるゲーム、それが『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』。ガソリンと食糧を交換するシーン、すごく好きなんだけどわかるかな?

 終末もの(しゅうまつもの)あるいは破滅もの(はめつもの)とは、フィクションのサブジャンルの一つ。

 大規模な戦争、大規模な自然災害、爆発的に流行する疫病などの巨大な災害、あるいは超自然的な事象によって、文明や人類が死に絶える様を描くもの(Apocalyptic fiction)、あるいは文明が死に絶えた後の世界を描くもの(ポスト・アポカリプス、Post-apocalyptic fiction)である。(Wikipedia「終末もの」より

 この世には「ポストアポカリプスが大好き!」という不謹慎な人類がいる。

 『マッドマックス』シリーズや『Fallout』シリーズを愛し、崩壊した世界に恋い焦がれ、暴力で世界を支配するヒャッハーな連中は見下し、「いや俺だったら交渉スキルを鍛えてうまくやっていく生き方を選ぶね」とできもしないことを考え、究極的にはプレッパーのごとく資源を溜め込んでみたりしたいと考えはじめ、よしんば世界が崩壊しなくても『トレマーズ』みたいに大立ち回りしてやるぜなどと愚かなことを考えている……。

 おお、ポストアポカリプス好きの人類たちよ。それは「学校を占拠したテロリストを制圧する手順を考える中学生」レベルの夢だというのに、なぜそんなに焦がれてしまうのか……。わかるよ、学生生活はもう終わっちゃったけど終末世界はこれから来る可能性があるもんな! 私、マシーナリーとも子もポストアポカリプス、だ~~いすきです。

 今日はそんな中学生のころからBボタンを押すまでもなく進化できてない陰キャのみんなに超おすすめのゲームを紹介します。その名も……。

終末世界のチンピラでも、救世主でもなく、モブキャラになって生活できるゲーム、それが『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』。ガソリンと食糧を交換するシーン、すごく好きなんだけどわかるかな?_001

 『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』! 7月28日にセガからPS4とNintendo Switchで発売されたサバイバルシミュレーションゲームだ! 開発したのは『Cities: Skylines』や以前にレビュー記事を書いた『エンパイア・オブ・シン』でおなじみのParadox Interactive! つまりポストアポカリプスで中毒性のあるシミュレーションが楽しめる……ってコト!?

 今回はこいつを1週間くらい遊びつつ、紹介していこうと思うぜ。なぜかいつもシミュレーションゲームの記事依頼が来るんだけど、その割に永遠にシミュレーションゲーム苦手なんだよな。大丈夫かな。ダメかもしれない。でも世界がいつ滅亡するかわからないしそうなったら崩壊後の世界は苦手だぜなんて甘えたこと言ってられないし自分なりに頑張っていくしかないんだと思います。生きろ

終末世界のチンピラでも、救世主でもなく、モブキャラになって生活できるゲーム、それが『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』。ガソリンと食糧を交換するシーン、すごく好きなんだけどわかるかな?_002

文/マシーナリーとも子

『サバイビング・ジ・アフターマス-滅亡惑星-』公式サイトはこちら

※発売前の開発ロムにてプレイ、撮影を行っております。そのため、実際の商品とUI、テキスト等が一部異なる場合がございます。