日本のゲーム一覧

アマゾン、「AWS for Games」を立ち上げ–ゲーム業界向けサービス – ZDNet Japan

 Amazonは米国時間3月23日、AWSと同社のパートナーが提供するゲーム業界専用の製品やサービスを集めた「AWS for Games」を立ち上げた。Amazon Web Services(AWS)による最新の取り組みとなり、ゲームがクラウドプロバイダーにもたらす大きな市場機会を浮き彫りにしている。

AWS for Games
提供:AWS

 ゲームは以前から、Amazonにとって重要な市場だった。AWSは2016年に「Amazon GameLift」を発表するなど、ゲーム専用サービスを数年前から提供している。またクラウド以外にも、ゲーム開発部門のAmazon Game Studiosや、2014年に買収したゲームストリーミングサービスの「Twitch」を擁している。

 それでも、市場の動向や予測を考慮すると、クラウド業界がサービス強化に取り組んでいるのも頷ける。分析会社Newzooは、世界のクラウドゲーミング市場が2024年には65億ドル(約8000億円)を超え、2021年の15億7000万ドル(約2000億円)から大きく成長すると予想している。

 AWSのエンジニアリング担当バイスプレジデントBill Vass氏は声明で、「クラウド導入により、ゲームが開発、配信、プレーされる方法が一変した」と述べた。「ゲーム開発者は一貫して、クラウドを活用した取り組みを加速させており、ゲームをより早く開発し、継続的にアップデートしながら動作させている。またその一方で、プレイヤー基盤とプレイエンゲージメントも拡大している」

 AWS for Gamesやその他の新しいサービスとソリューションの提供により、顧客は優先度の高いワークロードに対処しつつ、ゲーム分析、ライブ運用、人工知能(AI)の使用を強化できるはずだと、Vass氏は付け加えた。

 AWS for Gamesは、クラウドゲーム開発、ゲームサーバー、ゲームセキュリティ、ライブ運用、ゲーム分析、ゲームAIおよびML(機械学習)の6分野で、ゲームに特化した製品やサービス、そしてパートナーサポートを提供する。この取り組みには、AMD、AppsFlyer、Beamable、Databricks、Epic Games、Incredibuild、NVIDIA、Parsec、Perforce、Slalom、Snowflake、Teradiciが、パートナーとして参加している。

 さらにAWSは同日、「Amazon GameSparks」のプレビューを発表した。このフルマネージドサービスはAWS上に構築されており、ゲームのバックエンド機能を容易に構築、最適化、拡張できる。また同社は、オープンソースソリューション「AWS GameKit」の一般提供を開始した。これにより、ゲーム開発者はわずか数クリックで、ゲームエンジンから直接、ゲームのバックエンド機能を導入してカスタマイズできるようになる。そのため、クラウドベースのサービス統合を、数週間から数日に短縮できるという。

 また、ゲーム開発者向けに「Amazon Nimble Studio」の新しいガイダンスを用意した。仮想ゲームスタジオを数時間で立ち上げ、オンデマンドで容量を拡張して、コンテンツを迅速かつコスト効率よく作成できる。

 Microsoftも同日、ゲーム開発者向けの新たなクラウドプログラムやサービスを発表している。「Azure Game Development Virtual Machine」は、プロダクションレディのクラウド環境でゲームをテスト、開発したい開発者向けの「Azure」サービスだ。

 Google Cloudも2021年、ゲーミングソリューションにフォーカスした新たな幹部を指名し、クラウドゲーミング市場に取り組む姿勢を示した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button