日本のゲーム一覧

映画『孤狼の血 LEVEL2』本予告①/8月20日(金)公開



『孤狼の血 LEVEL2』8月20日(金)公開

暴力と狂気がはびこる街。そこで、刑事、暴力団組織、マスコミ、そして女たちの壮絶なバトルロイヤルが幕を明ける・・・!
原作は、柚月裕子の『孤狼の血』シリーズ三部作。今回は原作では描かれていない映画オリジナルストーリーが展開する。
主人公は、目的の為には手段を択ばない一匹狼の刑事・日岡(松坂桃李)。街の平和のため警察と裏社会のタイトロープを続けていたが圧倒的 “悪”=上林(鈴木亮平)の登場によって、秩序が崩れていく…。暴力団組織の抗争、警察組織の闇、マスコミの策謀、身内に迫る魔の手、そして最凶最悪のモンスターによって、日岡は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・!そんな極限状態の中で、日岡が知る衝撃の事実とは?信じられるのは誰か?ここでは、闘うヤツしか生きられない。

※特典付き前売り券の販売は6月18日(金)からとなります※

松坂桃李 鈴木亮平 村上虹郎 西野七瀬 音尾琢真 早乙女太一 渋川清彦 斉藤 工 • 中村梅雀 滝藤賢一 寺島 進 宇梶剛士 かたせ梨乃 中村獅童 吉田鋼太郎

監督:白石和彌 原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA刊)   
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 撮影:加藤航平 美術:今村 力 照明:川井稔 録音:浦田和治編集:加藤ひとみ 音響効果:柴崎憲治
企画協力:KADOKAWA  製作:『孤狼の血 LEVEL2』製作委員会 配給:東映

ソース

もっと見せて!

Related Articles

49 Comments

  1. トラウマになるくらい鈴木亮平さんが怖いです。
    他のドラマでは医師で命救ってるのに…。

  2. マルナカの横入ったとこの基町ショッピングセンター出てきた

  3. 普通のこういうバイオレンス
    を撮り続けたら良いのよね♪邦画も
    本当にシンプルで楽しい
    目ぶちゃーの被害者多すぎだけどw

  4. これ見た後脱力感すごくて余韻抜けないまま寝たら夢に鈴木亮平が役そのままで出てきてうなされてた
    すごい映画でした。全員かっこよかったです

  5. 期待してなかったけど、すごかったw鈴木亮平はなんでもできるんやなw

  6. で出た全員上手かった!
    梅雀さんや滝藤さんも上手かったけど
    今度TVで鈴木亮平さんをみたら上林を思い出してトラウマになりそう…
    最近までドラマで人情味のある医者役からの振り幅半端ない…

  7. 鈴木亮平さんと松坂桃李さんは 役柄が憑依したみたい!!!!
    映画のレベル越えてる!

  8. 好きなんやけど
    この映画好きなんやけど

    パート1の導入場面が
    未だにトラウマなワタシ
    画面いっぱいの…

  9. 鈴木亮平さんの呉弁、物凄い聴き心地が良い。いつもの感じ〜ってなる

  10. 今日孤狼の血1見たのですが迫力凄すぎて2スクリーンでみれる自信ないです笑でも見てぇ、、、

  11. 髭生やして大声あげればヤクザ映画の出来上がりwww 恋愛映画で飯食っとるような俳優は菅原文太や小林旭にはなれんよ

  12. 鈴木亮平さんが主役かと思った。
    鈴木さんいい意味で松坂さんのこと主役食いしてますね。

  13. 汚い言葉なのに広島弁だと音が気持ちよくて言いたくなる笑

  14. 松坂さん圧巻の演技!
    衝撃をうけました!
    これぞ本物の役者って感じですね!
    ほんとにびっくりと感動を
    ありがとうございます‼️

  15. 観終わった後の余韻が凄くてこの映画の迫力をまだ感じたかったから見にきちゃったわ笑

  16. 最高に面白かったです🥺❤︎狂ってる鈴木亮平かっこ良すぎました🥺

  17. 松坂桃李は『つなぐ』で樹木希林と共演して一気に花開いた感じかなー。今までのただ若い兄ちゃんから、演技で人を泣かせる役者になった感がある。共演の樹木希林なんてセリフ無しで階段登る背中ですら哀愁漂わせ泣かせるレベルだったから。役者はいい作品といい役者と共演することで更に高みに上がっていくんだなと思った。

  18. 【ネタバレ注意】

    辛口コメントすると、level1に比べて内容の薄っぺらさを暴力性で補ってる感が否めない。
    ヤクザの喧嘩なんだから中高生の喧嘩みたくイケイケだけじゃ誰も付いてこないし、抗争前に自組織に先にヤラレちゃうだろ。その前に日本全国の渡世人からみてルールが滅茶苦茶だから『広島なにやってんの 草』って嘲笑の対象になるんちゃうかな。。。

    と、まあ、突っ込みは入れたけど、総じて全編の139分は十分愉しめた。また、松坂桃李や鈴木亮平など俳優陣もよく役に徹し魅せてくれた。見ごたえはある。

    気になったのは平成3年の時代設定なのに、スマホっぽい携帯と平成10年前後の携帯が登場したこと。ポケベルでさえそれほど普及していなかったのに。。。 時代考証はちゃんとして貰いたい。

  19. 「仁義なき戦い」は、日本暴力団抗争史上で最も多くの血を流した“広島ヤクザ戦争”渦中の人物である美能組元組長・美能幸三の獄中手記をもとにドキュメント作家・飯干晃一が書き綴った傑作であるが、当時の出演俳優も気合い入ってました‪w

  20. せかほしの亮平さん
    遊戯王好きな桃李くん
    2人とも優しくて笑顔が素敵。
    癒し系でもあり、声も優しい

    この方達は誰ですかー?
    (それくらい別人)
    声の低さ、表情。怖すぎです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button