日本のゲーム一覧

【ト杯ユ杯2020】日本がマレーシアに4-1で勝利!予選リーグ1位通過で準々決勝へ!<6日目結果/トマス杯> | バドスピ | BADMINTON SPIRIT

10月14日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)6日目は、トマス杯の予選リーグとユーバー杯の決勝トーナメント・準々決勝が行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

【トマス杯】

初戦のカナダ戦を4-1で勝利した日本は、予選リーグ最終戦・マレーシアとの勝負に挑む。第1シングルスは桃田賢斗(上写真)とリー・ジジャのエース対決。スディルマン杯では1勝1敗の結果に終わった両者の戦いは、第1ゲームをリー・ジジャ、第2ゲームを桃田が奪ってファイナルゲームに突入。お互い主導権を譲らない熱戦は20オールとなったが、最後は桃田が2連取して23−21。80分の長丁場となった試合をモノにし、日本が先制ポイントをつかむ。

続く第1ダブルスも、スディルマン杯で1勝1敗だった保木卓朗/小林優吾とA・チア/ソー・WYの戦い。ここでは日本ペアが試合を優位に進め、保木/小林が13本、13本で勝ち星を奪うと、初戦のカナダ戦で苦杯を喫している常山幹太もマレーシアの若手選手を2-0のストレートで退けた。

常山は第1ゲームこそ22-20と競り合ったが、第2ゲームはきっちり軌道修正して白星を奪取

3-0でチームの勝利を確定させた日本は、続く第2ダブルスの古賀輝/渡辺勇大が白星をつかんだものの、西本拳太は0-2で敗戦。マレーシアを4-1で下した日本が、予選リーグ1位で決勝トーナメント進出を決めた。

試合後に行なわれたトマス杯の決勝トーナメント・組み合わせ抽選会では、日本が準々決勝で韓国と対戦することが決定。韓国に勝てば準決勝で中国とタイの勝者と激突する。

14日のトマス杯の結果は以下の通り。

■予選リーグ(14日の結果)

▼グループD

日本(2勝)4−1 マレーシア(1勝1敗)

MS1桃田賢斗②〔15−21、21−12、23−21〕1●80分

MD1保木卓朗/小林優吾②〔21−13、21−13〕0●A・チア/ソー・WY37分

MS2常山幹太②〔22−20、21−13〕0●チェム・ジュンウェイ49分

MD2古賀輝/渡辺勇大②〔21−10、21−16〕0●ゴー/イズッディン39分

MS3西本拳太●0〔19−21、18−21〕②レオン・ジュンハオ51分

▼グループA

中国(3勝)4–1 インド(2勝1敗)

■決勝トーナメント(15日の対戦カード)

インドネシア(A組1位) − マレーシア(D組2位)

デンマーク(B組1位)− インド(C組2位)

中国(C組1位)− タイ(A組2位)

日本(D組1位) − 韓国(B組2位)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button