日本のゲーム一覧

2021年 期待のゲーム TOP 20

2021年になった。新型コロナウイルス感染症の影響で遅延の生じているゲームも多いことだろう。だが、今ほどゲームに癒やしを求める人が多いときはなかったのかもしれない。2020年は『あつまれ どうぶつの森』、『ファイナルファンタジーVII リメイク』、『Ghost of Tsushima』といった素晴らしいゲームが世界中のプレイヤーに幸福をもたらしたが、2021年以降もたくさん素敵なゲームに期待したい。

そんな願いを込めて、IGN JAPANが最も期待する2021年以降のゲームを紹介したい。このランキングには発売時期が未定のタイトルも多く含まれるし、一部のタイトルはどうみても2021年には発売しないだろう。だが、昨今のゲームは続報や新トレーラーも含めて楽しみにしたいものだし、そもそも新型コロナウイルス感染症が続いている状態でどのタイトルが無事に発売するのかを予測するのは困難だ。とにかく、2021年に最も期待を寄せたいタイトルはこれだ!

※このランキングは、IGN JAPAN編集部及びフリーライターの投票を元に形成している。

20.『バランワンダーワールド』

発売時期:2021年3月26日

『バランワンダーワールド』はソニックやナイツの生みの親として知られる中裕司による久々の3Dアクションゲームだ。3Dゲームの黎明期を代表するクリエイターによる作品というだけでも期待だが、不思議ミュージカルという変わった世界観や、80種類以上のアクションを繰り出せるシステムなど、クリエイターの経歴と関係なしに期待を寄せてしまう、老若男女で楽しめそうな作品だ。

80種類のアクションをすべてアダプティブトリガーに対応させたPS5版は『ASTRO’s PLAYROOM』が見せてくれたDualSenseの可能性を追求させた体験になるのかもしれないし、Joy-Conのおすそわけによる協力プレイに対応したSwitch版も捨てがたい。――クラベ・エスラ

19.『GUILTY GEAR -STRIVE-』

発売時期:2021年4月9日

大人気2D対戦格闘ゲームシリーズの最新作である『GUILTY GEAR -STRIVE-』。前作よりもさらに美麗になった映像もさることながら、複雑化したゲームシステムを一新したことにより、今作から始める人でも入門しやすく、より遊びやすく進化した。それでいて「ギルティギア」らしさを失うことなく、格闘ゲーム中級者・上級者にとっても上達し甲斐のある内容になっているので、いまからキャラクターたちが研究されたあとの対戦を見るのがとても楽しみな一作となっている。ストーリーも前作『GUILTY GEAR Xrd Rev.2』から地続きでつながっており、「ソル・バッドガイ」や「カイ・キスク」をはじめとした従来からのキャラクターはもちろん、新規参戦する「名残雪」や「ジオヴァーナ」など、魅力的な人物たちが織りなすバトルを早く体験したい。――伊藤ガブリエル

18.『Halo Infinite』

発売時期:2021年秋

実に6年ぶりとなる『Halo』の新作に、全Xboxファンは、いち早くRトリガーを連打したくて堪らないだろう。『Halo Infinite』はナンバリングの数字こそ付いていないが、『Halo』シリーズ本編の6作目であり、「リクレイマー・サーガ」の最後の作品となる。ローンチされたゲームプレイ映像には、代わり映えの少ないグラフィックとゲームデザインに批判が集まり一年の延期が決定したが、前評判を覆す来秋のリブートに期待したい。今は儚く見えるSeries Xの外箱に印刷されたマスターチーフが、『Halo Infinite』のリリースで凛々しく映ることを願っている。――いちごう

17.『Horizon Forbidden West』

発売時期:2021年後半

2017年に発売された『Horizon Zero Dawn』の続編。大きな災厄によって一度は滅び、大自然のなかで機械の動物たちが闊歩することになった遠未来の世界を、弓矢を軸とした戦闘や、旧世界のテクノロジーによるギミックの数々を用いて冒険していくオープンワールドだ。

過酷ではあるがきわめて美しく神秘的な景色や生態系と、その世界の摂理に生きながら好奇心によって滅びの歴史を紐解いていく主人公・アーロイの物語は、神話のようでもありながら、SF的な魅力に満ちていた。

「Forbidden West(禁じられた西部)」というタイトルの通り、トレーラーの映像からはアメリカの西海岸を思わせる文明の名残が垣間見えている。未知なるフロンティアで展開されるドラマに期待したい。――山田集佳

16.『God of War』新作

発売時期:2021年

前作『God of War』は北欧神話の世界を舞台に、クレイトスとアトレウスの2人の旅が描かれた。本作は全編ワンカットを採用し、その革新性や新たな舞台で描かれる親子のストーリーが評価され、2018年のゲーム・オブ・ザ・イヤーのアワードを総なめした。

続編について、現在発表されているのはタイトルロゴと鋭意作成中、それから「Ragnarök」という言葉のみだ。前作では続編を匂わすような伏線がいくつかあり、まだ登場していない北欧の神も多い。前作では登場しなかった神が、クレイトスたちの物語とどのように関係してくるのだろうか。PS5のパワーを活用した繊細に描かれた北欧神話の世界に期待したい。――藤田幸平

15.『Newポケモンスナップ』

発売時期:未定

『New ポケモンスナップ』は1999年にNINTENDO64で発売された『ポケモンスナップ』のリブート作品。写真家になって野生で自由気ままに暮らすポケモンたちの姿を写真に収め、「奇跡の一枚」の撮影を目指してスコアを高めていくアクションゲームである。オリジナルが発売されてから20年以上の時を経た今、広範囲にわたって進化した体験になっていることだろう。 新しく増えたポケモンたちの振る舞い、グラフィックや技術の発達によるより細やかな表現。撮った写真を共有したり印刷できたりする連携サービスに期待してもいいだろう。任天堂はハード面における遊びの取り入れ方が巧みなので、プレイヤーが構えることになるカメラは、今までにないインタフェースの登場となることに期待したい。――丹祐希代

14.『Starstruck 時をつなぐ手』

発売時期:未定

『Starstruck 時をつなぐ手』は見た目で判断してはいけないゲームだ。キーアートには決してうまくないイラストで描かれた少年少女がギターを手にしてメロイックサインのようなものを決めている。他方、ゲーム画面ではクレイアニメのような可愛らしいキャラクターが「MOTHER」シリーズに出てるようなこれまた可愛らしい街を探索している。概要を見ても、本作が音ゲーなのか、アドベンチャーなのかわからない。実際のところギターを弾いたり、巨大な手で街を破壊したり、とにかくめちゃくちゃなゲームであることは間違いないが、ミステリアスなストーリーを進めていくと極めてシリアスな作品に思えてくる。音楽を愛する少年少女の運命に介入するという一風変わった――いや、とても変な――アドベンチャーゲームだ。――今井晋

13.『ノーモア★ヒーローズ3』

発売時期:2021年

殺し屋ランキング1位を目指すオタクアサシン「トラヴィス・タッチダウン」の奇妙で熱い生き様を体験できるアクションゲームシリーズ最新作。時系列では前作にあたる『TRAVIS STRIKES AGAIN: NO MORE HEROES』での騒動を終えたあと、殺し屋相手を飛び越えまさかの極悪宇宙人ヒーローたちとの死闘を繰り広げることになる。地球存亡の危機にも関わらず、普段と変わらぬノリで対抗しそうなトラヴィスはデスグローブによる新たな力を得てパワーアップ。シリーズを通じてより洗練されたビジュアルと爽快感たっぷりなビームカタナ&プロレスアクション、そして宇宙規模へと大胆にスケールアップしたぶっ飛んだシナリオが期待できそうな今作はいよいよ2021年に発売予定だ。いまのうちからAボタンを押す準備をしておこう。 ――伊藤ガブリエル

12.『百英雄伝』

発売時期:未定

『百英雄伝』は「幻想水滸伝」シリーズを手掛けていた主要メンバーによる新作RPGだ。戦争を生きる人々の勇気や葛藤を描く物語、それを様々なスケールで描写するために機能する複数の戦闘システム、そして100を超える仲間を集めるやりこみ要素。本作はすべてにおいて「幻想水滸伝」の精神的続編と言える内容になりそうだ。ドット絵のキャラクターと3Dの背景を融合したビジュアル、新しく導入されるギルドシステムなど、新要素も革新的であるというよりは「古き良きJRPG」をさらに魅力的に仕上げるために機能するものが多い印象だ。それらも含めて、戦争モノのヒューマンドラマをRPGならではのストーリーテリングで綴る傑作に期待したい。――クラベ・エスラ

11.『NieR Replicant ver.1.22474487139…』

発売時期:2021年4月22日

いまやスクウェア・エニックスの代表的なフランチャイズのひとつにまで成長した「NieR」シリーズの原点、『NieR:Replicant』がバージョンアップして帰ってくる! 対応ハードは幅広く、不安定だったアクションにも大幅なテコ入れが行われる。これまで手が伸びなかった「Automata」プレイヤーにはもちろん朗報といえるが、原作ファンにとっても「√1.5」(この数値がまさにヨコオ節だ)を示す追加要素は非常に気になるところ。シリーズの特徴のひとつである周回毎に変化する展開が、新たなループなどによってさらに拡張されていれば嬉しいが、それはやや高望みしすぎであろうか。

半ば名物となっていたピーター演じる白の書のボイスを本作で堪能できない点は心残りだが、代役の安元洋貴が再解釈する”シロ”も、既に朗読劇で披露した通り信頼できるクオリティに仕上がっているため、彼の熱演にも注目だ。――あでゆ

10.『N1RV Ann-A: Cyberpunk Bartender Action』

発売時期:未定

『VA-11 Hall-A』はバーテンダーの主人公がカクテルを提供しながら客の話を聞き、提供したカクテルによってストーリーが分岐するアドベンチャーゲームだ。続編の『N1RV Ann-A』もおおむね同じだと思われるが、前作は場末のバーで暗い女性の主人公が明るい人物に囲まれていたのに対して、今作は高級バーで明るい女性の主人公が暗い人物に囲まれる対照的な構造となる。また、主人公の人間関係の問題が始めから提示されており、主人公が恋人と息子との関係にどのような変化を遂げるかがストーリーの鍵となるだろう。良い意味で行き当たりばったりで楽天的だった前作に対して、より計算高くダークな雰囲気作りに挑む『N1RV Ann-A』の行方は未知数だ。――渋谷宣亮

9.『The Good Life』

発売時期:2021年夏

『Deadly Premonition』シリーズや『The MISSING – J.J.マクフィールドと追憶島 -』など独特な世界観で世界中のゲーマーを魅了するSWERYの最新作として『The Good Life』は期待せざるを得ないだろう。物語はイギリスの片田舎レイニーウッズを舞台に、主人公、ナオミの借金返済のために奮闘していくようだ。とはいえ、ただ田舎町で借金返済の日々とはいかず、ナオミが犬や猫に変身したり、街で起こった殺人事件の真相を追っていくことになるなど、一筋縄ではいかないSWERYらしい物語に胸が高鳴るばかりだ。2020年に発売された『Deadly Premonition2』も素晴らしい作品だっただけに、期待が高まっている。――いちごう

8.『モンスターハンターライズ』

発売時期:2021年3月26日

和風の世界観と翔蟲(かけりむし)を使ったダイナミックアクションが、シリーズに新風を巻き起こす『モンスターハンターライズ』。犬型の新しいオトモ「オトモガルク」が加わったことで、ハンティングの幅も広がることだろう。モンスターと言うよりは、物の怪(もののけ)と呼びたくなる、不気味さが漂う独自の生態の新種のモンスターも数多く登場する。

未知のモンスターとの戦いでは、翔蟲を使って縦横無尽に飛び回れる新アクションと、新しい相棒の力を借りて、モンハンの常識を覆すような新しいハンティング体験に期待したい。そして狂騒する数多のモンスターが人里へと襲来し、かつて里が壊滅寸前まで追い詰められたという大災害とも呼べる「百竜夜行」にも注目だ。――馬淵寛昭

7.『Ratchet & Clank: Rift Apart』

発売時期:2021年

PS5は高い処理能力で描かれるフォトリアルなタイトルはもちろん、カートゥーンのようなビジュアルでいろんな表現を行うタイトルも興味深い。 まさしく『Ratchet & Clank: Rift Apart』次元を越え、原始時代のような世界から、サイバーパンクのような世界まで飛び越えていくアクションの大胆さや多様さにはワクワクさせられる。さらにPS5のコントローラーであるDualSenseをどう使ってくれるかも期待がかかっている。ゲーム世界そのものに触れるような、繊細な振動機能を持つコントローラーの面白さを、本作がいかに引き出していけるかも注目だ。――葛西祝

6.『Ghostwire: Tokyo』

発売時期:2021年

クールな都市、冷凍都市・東京では、いつも何かが起こっている。夜の東京は、とりわけ美しい。だが、私の知る限り、人のいない東京はもっと美しい。『Ghostwire: Tokyo』の舞台は、超常現象によって、人口の99%が消失したTOKYO。主人公は、授かった霊能力で、邪悪なモノと対峙しながら、事件の解明に挑む。まだトレイラーのビジュアルイメージのみの、謎多き一作である。だが、そのミステリアスなTOKYOの雰囲気に、すっかり魅了されたプレイヤーも多いだろう。中でも期待したいのは一人称視点で、さまざまな手の動きを表現しようとする新たな試み。主人公は、手で印をつくりながら、魑魅魍魎たちと戦う。その日本舞踊のような舞う仕草に、とても和のエッセンスを感じる。かつて東京は、江戸だった。その雰囲気が今もそこかしこに残るからこそ、最先端と伝統がごった煮となった、魅力的な都市なのだ。江戸といえば、怪談話の宝庫でもある。本作のオカルティックな雰囲気には、かつての奇譚も影響を与えているはずだ。発売まで待ちながらEDOの怪談集を読みあさらうのも良さそうだ。――若葉庭

5.『Deathloop』

発売時期:2021年5月21日

一人称視点のループもの暗殺アクションADV(マルチプレイつき)。これだけで『DEATHLOOP』が風変わりなゲームであることは想像がつくだろう。舞台となるブラックリーフは、1日を繰り返す奇妙な島だ。主人公はこの島で標的の1日の予定や人間関係を探り、暗殺計画を練り上げていく。殺しの道具として銃も超常能力もガジェットもあるし、「Dishonored」などを手がけたArkane Studiosが開発なので、マップの作り込みにも期待できるだろう。マルチプレイではほかのプレイヤーの暗殺計画を阻止する側に回ることもできる。本作の目的はループの打破だが、私自身が島から抜け出せないループに陥ってしまいそうだ。――千葉芳樹

4.『バイオハザード ヴィレッジ』

発売時期:2021年

ここ最近の「バイオハザード」シリーズは見事な作品ばかりである。全編VR対応と思い切った方針でシリーズとしての新たな可能性を切り開いた『バイオハザード7 レジデント イービル』、ツボを抑えつつも見事に現代風にしたリメイク『バイオハザード RE:2』など、どれもが素晴らしい。

ナンバリング新作となる『バイオハザード ヴィレッジ』は、前作の主人公であるイーサン・ウィンターズの物語がさらに描かれるという。単純に新展開としても楽しみだし、シリーズのなかでも特に評価の高い『バイオハザード4』を意識していると思しき情報もあり、否が応でも期待は高まる。ぜひともシリーズ最高の「バイオハザード」となってほしい。――渡邉卓也

3.『ファイナルファンタジーXVI』

発売時期:未定

『ファイナルファンタジーXVI』の情報公開はまだキャラクターや世界観に留まるが、既に『ファイナルファンタジーXIV』でお馴染みの吉田直樹がプロデューサーとして制作に携わるという1点で胸を踊らせた人は多いだろう。同氏はFF14の制作において、歴代のファイナルファンタジーを最大限尊重し、アイコニックな要素をオリジナルの世界に落とし込んでいる。また、MMORPGでありながらナンバリング作に劣らない壮大なストーリーを展開し、昨今ではFFの原点とも言える光の戦士が何たるかをふるいにかけ、根幹を揺るがすシナリオを提示してきた。FFのナンバリング作といえば一貫性のない世界観やストーリーを持ち、その時代において最先端と思わせる体験を常に模索・提示してきたが、FF16に限ってはこれまでのように尖った作品ではなくFFの王道を再定義するような作品が見られるのではないか? そんな期待をしてしまう。――野口広志

2.『ELDEN RING』

発売時期:未定

『ELDEN RING』の短いティザートレーラーがE3 2019で披露されてから、続報はまったくない。だが、「『DARK SOULS』の王道進化」という宮崎英高の言葉に対して、わくわくしないソウルファンはいないだろう。より広大なフィールドで展開する本作は、オープンワールドのようなソウル体験になっていくらしいが、戦闘もさることながら、フロム・ソフトウェアが得意とする断片的なストーリーテリングがどのように進化するのか? もちろん、ストーリーに関しては『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者であるジョージ・R・R・マーティンとのコラボも興味深い。マーティンはメインストーリーではなく、『ELDEN RING』の舞台の「神話」を書き、これがフロム・ソフトウェアならでの環境ストーリーテリングを通して描かれたとき、唯一無二のゲーム世界が誕生するに違いない。――クラベ・エスラ

1.『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編

発売時期:未定

もう一度、BotWの世界を冒険できる! 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編はこれだけで価値があると思わせてくれる作品だ。「BotW」は、「ゼルダの伝説」シリーズ初のオープンワールド作品で、リリース年の世界中のアワードを総なめし、IGN JAPANのレビューで初めて満点を獲得したゲームでもある。続編では従来のプレイフィールを損ねず、刺激的な新要素を取り入れた「新旧の良いバランス感」に期待したい。ユーザーは厄災ガノンとハイラルを取り巻く重厚な物語に期待する人もいれば、広大なオープンワールドの飽くなき探索要素、謎解きのやりごたえ、はたまた新キャラクターなどにも期待を寄せる人がいるかもしれない。このような多種多様な期待値にどのように応えていくのかが気になるところだ。現在はE3で紹介された1分弱の映像しか情報はないが、2021年、続編に新たな動きがあることを楽しみに待ちたい。――丹祐希代

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button