ゲームニュース

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 2022年8月25日に『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』(Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4)がスパイク・チュンソフトより発売される。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

本記事はスパイク・チュンソフトの提供でお届けします。

 『ディスコ エリジウム』は、2019年に海外向けに発売されたRPG作品。リリース後まもなく多くのゲームファンにプレイされ、“The Game Awards 2019”ではBest Narrative、Best Independent Game、Best RPG、Fresh Indie Game(開発したZA/UMが受賞)の4部門を受賞。さらにSteamでは50000件を超えるレビューが投稿され、しかも総合評価が“非常に好評”となっているなど、近年稀に見る傑作として海外のゲームファンに愛されている。

 『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』は、その『ディスコ エリジウム』にさまざまな追加要素を収録した、まさに決定版。海外ではすでにリリースされているが、それをスパイク・チュンソフトがローカライズしてNintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4の各機種で販売する。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 本稿では、発売をあと1ヵ月に控えた本作を先行プレイしたライター・リプ斉トンによる、ゲーム解説とプレイレビューをお届け。ファンのあいだでは“戦闘がないRPG”と呼ばれている一風変わったゲームシステムとその魅力を紹介しよう。

書いた人:リプ斉トン

週刊ファミ通、ファミ通.comライター。話題のゲームはジャンル問わずプレイするよろずゲーマー。本作では主人公とは対照的にクールなキムがかなり好き。めっちゃ面倒見がいいよキム。


『ディスコ エリジウム ザ ファイナルカット』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp)


『ディスコ エリジウム ザ ファイナルカット』(PS5)の購入はこちら (Amazon.co.jp)


『ディスコ エリジウム ザ ファイナルカット』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

記憶喪失の刑事が殺人事件の謎に迫る!

 本作の舞台は、閉鎖されたコミュニティーが形成されている“マルティネーズ地区”という田舎の町。その一画で、死体が吊るされる殺人事件が発生する。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 本作の主人公は、この事件を捜査するために派遣された刑事。しかし彼はすべての記憶を失っており、物が散乱した部屋にて(ほぼ全裸で)目を覚ますが、自分の名前を思い出すことすらできない。

 周囲の状況や人々との会話を経て、自分の任務やだいたいの立場を把握した主人公は、相棒のキム・キツラギとともに事件を捜査していくことになる。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

主人公

キム・キツラギ

 ゲームの目的は、殺人事件の犯人を捕まえること。そのためにプレイヤーは周囲の人に聞き込みを行ったり、殺人現場を調べたりして、地道に捜査を行う。しかし、閉鎖的で他人を拒絶するような町なので、捜査は簡単には進まない。「あれをあげるからこれをしてくれ」といった、いわゆる“お使い”もあり、回り道をさせられることもしばしばだ。

 さらに、町にはストライキを行う労働者による騒動も起こっており、状況はもうシッチャカメッチャカ。そんな状況の中でプレイヤーは少しずつ情報を集め、事件解決のために奔走することになる。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

本作をRPGたらしめるゲームシステム

 前述の通り、本作は“戦闘のないRPG”と言われている。RPGといえば、剣を装備してモンスターを倒し、レベルを上げて強くなり、さらなる強敵と戦う……といった、いわゆる“JRPG”を想像する方も多いのではないだろうか。

 ただし、もちろん本作には剣や魔法といったものはないし、モンスターも登場しない。だが、プレイしていると「確かにRPGだコレ」と感じるようなゲームシステムになっている。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 本作のゲーム性は、“人と話すこと”と“街を探索すること”にすべてが集約されていると言っていい。そのために収録された文章量は、英語版では100万ワード以上。

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作小説である『指輪物語』が、全編あわせて50万ワードと言われている……と聞けば、ボリュームのほどが想像できるだろう。その膨大なテキストの多くは、下品でサイコで危険で、そして粋である。

 ただ、ストーリーテリングが主体のゲームと聞くと、「アドベンチャーゲームやノベルゲームが近いのでは?」と思う人もいるだろう。しかし、それは違う。

 本作は、複数のゲームシステムを用いて主人公を育成することで、ストーリーに大きな影響を与えることができる。これこそ、本作をRPGたらしめている要素なのだ。そのゲームシステムである“スキル”と“思考キャビネット”について、以下で解説する。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

スキル

 主人公の思考の中には、24種のスキル(人格のようなもの)が棲んでいる。それらは知性、精神、肉体、運動能力の4カテゴリーに分類され、各カテゴリーに6つのスキルが存在している形だ。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 それぞれのスキルは、頭の中のもうひとりの自分(イマジナリーフレンド的な)として、会話やモノローグ中に勝手に話に割り込んでくる。もちろん、主人公にしか声は聴こえないのだが、主人公の考えを代弁してくれたり(基本的にはゲーム中で主人公はしゃべらない)、つぎに取るべき行動を教えてくれたりする。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 このスキルは何に活用されるのかというと、“スキルチェック”の成功確率に影響している。スキルチェックはテキスト中に出現する選択肢のひとつで、テーブルトークRPGのようにサイコロを振って成功か失敗かを判定する。スキルチェックに必要なスキルの値が高いほど、成功確率が上昇する仕組みだ。

 たとえば、身体能力に関係するスキルを鍛えると、ジャンプしたりバーベルを持ち上げたりといったスキルチェックが成功しやすくなるし、頭のよさに影響するスキルを鍛えると、人から情報を引き出しやすくなるといったイメージだ。

 なおスキルの強化には、スキルポイントを使用する。テキストを読み進めたり、出現する“タスク”をこなすことで得られる経験値が満タンになるとスキルポイントが得られる仕組みだ。事件を捜査するにはタスクをこなすことになるため、ゲームを進めていけば主人公のスキルポイントが自然と上がり、どんどんスキルを強化できる。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 序盤は主人公の能力が低いため、スキルチェックに失敗することもあるだろう。だが、ゲームを進めるともう一度同じスキルチェックに挑戦できることが多いので、主人公を鍛え直すことで再挑戦し、事件の証拠を積み重ねていけるのだ。

 また、なかには一度しか挑戦できないスキルチェック(レッド・スキルチェック。通常のものはホワイト・スキルチェックと言う)も存在する。これはやり直しがきかず、成功か失敗かによってストーリーが分岐する。失敗してもそれがダメというわけではなく、ストーリーが分岐をしたと考ればいい。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

思考キャビネット

 もうひとつのゲームシステムとして挙げた思考キャビネットは、会話によって主人公が新たに獲得した“思考”を頭の中(スロット)にセットし、主人公の能力を高める要素。一般的なRPGにおけるアビリティのようなものだと考えて問題ないだろう。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 思考を装備した状態で時間を経過させると、その思考が覚醒。会話の選択肢が増えたり、スキルが強化されたり、基礎能力が上がったりと、さまざまなボーナスが得られるようになる。

 一度セットした思考を外す(忘れる)にはスキルポイントが必要なので、よく考えてセットしたほうがいいだろう。とはいえ、スロットを余らせていてはもったいないので、序盤なら適当にセットしても差し支えはなさそうだ。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

装備品でスキルにボーナスを付与

 さらに、本作にはRPGらしく(?)装備の概念も存在。町の中では、店で買ったり、拾ったり、人からもらったりと、さまざまな方法で装備品を手に入れることができる。装備品に防御力は存在しないが、装備することでスキルにボーナスが得られるようになる。

 この装備品は好きなタイミングで着脱ができるので、思考に比べて気軽に変更が可能。後述するスキルチェックの成功率を上げるために、スキルを強化する装備品を一時的に装着するといった攻略法もある。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 スキル、思考キャビネット、装備品という3つの要素で主人公をビルドするというゲーム性は、まさにRPGのソレだと筆者は考えている。本作が“戦闘のないRPG”だと言われるのは、こういったゲームシステムに由来しているのだ。

本当の意味でのRPGとは?

 ここまで、本作がいかにRPG的であるかという話をしてきた。しかし、本作をRPGたらしめている点がもうひとつある。それはストーリーの展開だ。本作の物語は、どこを調査したか、どの選択肢を選んだか、そしてスキルチェックの成功・失敗によって変化し、事件解決までの道筋が多岐に分岐する。

 選択肢の失敗によるゲームオーバーは基本的にはなく(主人公が死んだり辞職したりすることもあるが)、どれを選んでも選んだなりのストーリーが展開する。つまり、プレイヤーの数だけ物語がある。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

 ただし、その物語の主役たる主人公は、ゲームの中でみずから喋ることはない。アル中でヤク中という強烈な個性を与えられてはいるが、記憶喪失で何も覚えていないまっさらな人間であるということも相まって、プレイヤーが自己を投影しやすくなっている。

 そもそもRPGとは、“役になりきって遊ぶゲーム”という意味だ。つまりもともとの(コンピューターゲーム以前の)“RPG”は、プレイヤーが役を演じることにおもしろみがあったわけだが、そこで言うと本作は、まさしく“RPG”を楽しめるゲームなのだ。

 海外で高い評価を獲得し、いよいよ日本に上陸する『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』。“戦闘のないRPG”というゲーム内容、油絵調なグラフィックやキャラクター設定など何もかもが風変わりなゲーム内容は、ぶっちゃけ、万人におすすめできる内容ではないかもしれない。

 だが、少なくとも筆者はハマった。本作をプレイすることで、これまでに遊んできたどのゲームとも異なる新鮮なゲーム体験を得ることができたのである。自身がもともとストーリーテリングを主としたゲームが好きであるという下地はありつつも、謎に満ちたストーリーやゲームが許容する自由度の高さに魅了され、物語にグイグイ引き込まれていった。「謎が謎を呼ぶストーリー、衝撃の結末とは!?」というのは使い古された表現だが、本作にはそれがピッタリと当てはまっている。

 小説やテキストアドベンチャーゲーム、ゲームでコツコツと何かを積み上げていくのが好きな人、また、サスペンス洋画のような雰囲気の物語が好きな人なら、きっと気に入っていただけると思う。多くの謎に満ちた主人公と殺人事件の結末を、ぜひその身で体験していただきたい。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』全世界で高評価を得た異色作が8月25日にSwitch、PS5、PS4で発売。“戦闘がないRPG”と言われる一風変わったゲームシステムを解説

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button