日本でのゲーム

【全日本卓球2023会場レポート】7日間の熱戦がスタート! – 公益財団法人日本卓球協会

【全日本卓球2023会場レポート】7日間の熱戦がスタート!

7日間にわたる熱戦が東京体育館で開幕

7日間にわたる熱戦が東京体育館で開幕

天皇杯・皇后杯をかけた2023年全日本卓球選手権大会が、1月23日東京体育館で開幕した。開会式は宮﨑義仁大会委員長の開会宣言、国歌斉唱のあと、河田正也日本卓球協会会長と小川敏夫東京都卓球連盟会長のあいさつをもって執り行われた。

宮﨑義仁 大会委員長
河田正也 日本卓球協会会長
小川敏夫 東京都卓球連盟会長

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で土日のみ有観客で実施されたが、今大会は3年ぶりに全日程有観客で実施される。東京都心は十年に一度の強烈寒波が近づき雪もちらつくなか、国内最高峰の大会に相応しい7日間の熱い闘いが遂に幕を開けた。

大会初日の23日は混合ダブルス1回戦のほか、ジュニア男女1回戦がスタートした。

【混合ダブルス】

混合ダブルス1回戦に学生ダブルス王者の谷渡亜美を擁する中村・谷渡組(愛知工業大)が登場。危なげない試合運びで内田・山口組(龍谷大・東洋大)にストレート勝ちし、明日の2回戦に駒を進めた。

ともに10回以上の全日本出場を誇る鹿児島相互信用金庫のベテラン德永・中村組は、2022年アジアジュニア・カデット選手権ダブルス優勝の飯村悠太を擁する飯村・橋本組(野田学園高・岩国商業高)と対戦。勢いあふれる高校生ペアに第1ゲームを先取されるも、その後は落ち着いた試合運びでポイントを重ねゲームカウント3-1で逆転勝ちを収めた。

中村光人・谷渡亜美組(愛知工業大)

【ジュニア男子】

ジュニア男子に1回戦に登場した同種目最年少の小学5年生・小林右京(ピンテック)は丸川智弘(野田学園高)と対戦。多彩なサーブを武器にゲームカウント2-1とリードするも、最後は力及ばず2-3で敗れた。小林と同じく小学5年生の大野斗真(ABBEY)は野中大地(専大北上高)と対戦。高校生相手に物おじしない戦いぶりを見せ3-1で勝利した。斗真の双子の弟・大野颯真(木下グループ)は西澤海翔(上宮高)にストレートで敗れ、兄弟そろっての2回戦進出とはならなかった。

大野斗真(ABBEY)

【ジュニア女子】

ジュニア女子1回戦に全日本カブ王者で今大会最年少出場の小学3年生・松島美空(京都カグヤライズ)が登場。小柄な身体から繰り出される力強いドライブで鹿目海右(RKstudio)を攻略し、ゲームカウント3-1で嬉しい全日本ジュニア初勝利を挙げた。

松島美空(京都カグヤライズ)
手の甲に書いたメモも役立ち初勝利をつかんだ

関連情報

全日本特設サイト:ライブ配信(卓球TV)
全日本特設サイト:チケット情報
全日本特設サイト:試合速報・記録

(公益財団法人日本卓球協会 広報委員会)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button