日本でのゲーム

「PlayStation® Partner Awards 2022 Japan Asia」受賞タイトル発表! – PlayStation.Blog 日本語

本日12月2日(金)、「PlayStation® Partner Awards 2022 Japan Asia」(以下、PlayStation Partner Awards)の表彰式を開催し、ここ1年でヒットしたPlayStation®5、PlayStation®4フォーマットのタイトルから受賞作品を表彰しましたので、各賞を受賞した全タイトルについてご案内します。

「PlayStation Partner Awards」は1994年のプレイステーション®誕生の翌年から、クリエイターの方々の創作活動に敬意を表すとともに、プレイステーションを盛り上げたバラエティ豊かなヒットタイトルを称えることを目的に「PlayStation Awards」として始まり、今年で通算28回目の開催となります。

今年の「PlayStation Partner Awards」では、GRAND AWARD(グランドアワード)を2タイトルへ、PARTNER AWARD(パートナーアワード)を5タイトルへ、SPECIAL AWARD(スペシャルアワード)を2タイトルへ、ユーザー投票で選ばれたUSERS’ CHOICE AWARD(ユーザーズチョイスアワード)を5タイトルへ贈呈しました。


「PlayStation® Partner Awards 2022 Japan Asia」受賞タイトル発表!

GRAND AWARD(グランドアワード)

日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカー各社様のタイトルにおいて、2021年10月から2022年9月の全世界売上(*1)上位2作品に贈られます。

●原神(HoYoverse)
●ELDEN RING(株式会社フロム・ソフトウェア)

PARTNER AWARD(パートナーアワード)

日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカー各社様のタイトルにおいて、2021年10月から2022年9月の全世界売上(*1)上位にランクインし、特に注目すべき活動成果を残した作品に贈られます。(*2)

●鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(株式会社アニプレックス)
●遊戯王 マスターデュエル(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
●ファイナルファンタジーXIV(株式会社スクウェア・エニックス)
●機動戦士ガンダム バトルオペレーション2(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
●バイオハザード ヴィレッジ(株式会社カプコン)

SPECIAL AWARD(スペシャルアワード)

日本・アジア以外の地域で開発されたソフトウェアメーカー各社様のタイトルにおいて、2021年10月から2022年9月の日本・アジア地域における売上(*1)最上位作品に贈られます。

●エーペックスレジェンズ(エレクトロニック・アーツ株式会社)

SIEワールドワイド・スタジオと共同開発されたタイトルにおいて、2021年10月から2022年9月の全世界売上(*1)最上位作品に贈られます。

●グランツーリスモ7(株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

USERS’ CHOICE AWARD(ユーザーズチョイスアワード)

総ゲームプレイ時間の上位30タイトルのうち、日本およびアジア地域のユーザー投票によって選ばれた上位5作品に贈られます

●ELDEN RING(株式会社フロム・ソフトウェア)
●地球防衛軍6(株式会社ディースリー・パブリッシャー)
●Stray(Annapurna Interactive)
●STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN(株式会社スクウェア・エニックス)
●Ghostwire: Tokyo(ベセスダ・ソフトワークス)

*1 パッケージ版の売上、およびPlayStation®Storeにおけるデジタル売上(追加コンテンツ、ゲーム内通貨を含む)を基準に算出。
*2 選考にあたっては、プレイヤー数などのSIE独自指標も採用。

原神

(HoYoverse)

「テイワット」という幻想世界を舞台としたオープンワールドアクションRPG。プレイヤーは「旅人」の視点で失われた兄妹を探す旅に出ますが、その過程でやがてテイワットの秘密へと迫っていきます。PS5、PS4、モバイル、PCのクロスプラットフォームでプレイ可能。充実したコンテンツ、先進的な技術、多様なローカライズサポートで、ゲームの質をつねに向上させ続けています。

HoYoverse
プレジデント
Jim Yang 氏

このたび『原神』が今年の「PlayStation Partner Awards 2022 Japan Asia」において、GRAND AWARDを受賞いたしました。この賞に再び選ばれましたこと、大変光栄に思っております。PlayStation®は、オープンワールドアクションRPGのコンテンツをより豊かにし、また没入感をさらに高める点において、私たちの理想的なプラットフォームです。そして、頼もしいパートナーでもあります。2022年、私たちは七つある国のうちの四つ目──スメールを実装し、さらに数多くの高品質な特性や機能、言語サポートをゲームに追加いたしました。今後も世界中のプレイヤーたちに喜んでいただけるように、またより大勢の新規プレイヤーたちが『原神』の世界に入っていただけるよう努めてまいります。このたびの結果が得られたのは、チームメンバー、ゲーマーコミュニティ、そして信頼できる仲間である皆様のおかげです。関わってくださったすべての方々に心より感謝申し上げます。

ELDEN RING

(株式会社フロム・ソフトウェア)

本格的なダークファンタジーの世界で、未知と脅威を探索するアクションRPGです。プレイヤーは「狭間の地」を舞台に、デミゴッドに挑みエルデンリングを求める旅に出ます。広大なフィールドと緊張感あふれるダンジョン探索、困難とそれを乗り越えたときの達成感、自由度の高い冒険、そして、登場人物たちが織りなす群像劇が特徴です。日本ゲーム大賞2022では年間作品部門・大賞を受賞しました。

株式会社フロム・ソフトウェア
ディレクター
宮崎英高 氏

このたびは、GRAND AWARD、USERS’ CHOICE AWARDという、素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。特に、USERS’ CHOICE AWARDは、ユーザーの皆様に投票していただいた結果ということで、われわれにとって、これ以上に嬉しいことはありません。これからも、もっと面白いゲームを作っていくつもりですので、ぜひご期待いただければ嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

(株式会社アニプレックス)

アニメ「鬼滅の刃」を原作としたアクションゲーム。ソロプレイモード“ヒノカミ血風譚”には、テレビアニメ「竈門炭治郎 立志編」から劇場版「無限列車編」までのエピソードを収録、プレイヤー自らの手によってストーリーを追体験できます。バーサスモード“対戦”には、竈門炭治郎や竈門禰豆子をはじめとした24キャラクターが登場するほか、「遊郭編」キャラクターパックも有償追加コンテンツとして配信中です。

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会 一同

このたびは素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。アニメ『鬼滅の刃』という作品を「ファンの方々の期待に応えるべく、ゲームでどのように体験していただくか」を試行錯誤しながら開発を進めました。結果として、『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』というタイトルをたくさんのお客様に楽しんでいただけましたこと、大変うれしく思っております。ご協力をいただきました関係各位の皆様、そしてプレイいただきました皆様に改めまして御礼申し上げます。

遊戯王 マスターデュエル

(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

『遊戯王 マスターデュエル』は遊戯王オフィシャルカードゲーム(OCG)/トレーディングカードゲーム(TCG)を代表するカード「ブラック・マジシャン」をはじめ、「青眼の白龍」「封印されしエクゾディア」など、合計10,000種を超えるカードが登場する、基本プレイ無料の対戦型カードゲームです。このたび、全世界で5,000万DL(*3)を突破することができました。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント
シニアプロデューサー
片岡健一 氏

このような名誉ある賞をいただけたことは『遊戯王 マスターデュエル』を楽しんでいただいている世界中のデュエリストの皆様のおかげです。本ゲームは「遊戯王オフィシャルカードゲーム」を楽しんでいただいているデュエリストや興味を持っていただいている方に向けて「“対戦者”も“観客”も楽しめるオンライン遊戯王」をコンセプトに、演出と運営にこだわって開発してきました。今回の報をいただきスタッフ一同非常に喜んでおります。これからもデュエリストの皆様の期待に応えるべく、新たな遊びや体験を提供していきますので、ぜひご期待ください。

*3 全世界、全プラットフォームの累計

ファイナルファンタジーXIV

(株式会社スクウェア・エニックス)

世界中のプレイヤーとともに冒険ができるオンラインRPGです。最新拡張パッケージ『暁月のフィナーレ』でひとつの区切りを迎えた物語は、新章へと突入。物語の続編や多様なコンテンツはもちろん、ひとりでもダンジョンを攻略できるシステムを追加するなど、より多くの方に楽しんでいただけるためのアップデートを行ない、その世界を拡げ続けています。全世界プレイヤー数は2700万人(*4)を突破しています。

株式会社スクウェア・エニックス
プロデューサー兼ディレクター
吉田直樹 氏

昨年に引き続き受賞させていただき、誠にありがとうございます! 来年はいよいよ、新生『FFXIV』サービス開始10周年となり、ゲーム内外いずれにおいても大きな盛り上げを行なっていくつもりです。長きに渡って最前線にてゲームを開発/運営できているのも、プレイヤーの皆さん「光の戦士たち」のおかげです。『FFXIV』は未だ発展の途中にあり、今後もさらなる高みを目指して頑張っていこうと思います。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします!

*4 日本・北米・欧州・中国・韓国の5リージョンの累計アカウント数。フリートライアル版のアカウントを含む。

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2

(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

基本プレイ無料の対戦アクションゲームです。重厚なグラフィックで表現された機体の数は350体以上。リアルな戦場での闘いが楽しめます。2022年2月には400万DLを突破、多くの方に6vs6のチームバトルアクションをお楽しみいただいています。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
倉知洋輝 氏

このたびはPARTNER AWARDをいただきまして、誠にありがとうございました。このような素敵な賞を、それも3年連続で受賞できましたのも、ひとえに世界中でプレイいただいているパイロットの皆様のおかげだと思っております。よりよいパイロット体験をお届けできるよう、今後も運営チーム全体で取り組んでまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。また、『バトオペ2』では12月1日(木)より、「バトオペ冬祭り2022」というイベントを実施しておりますので、この機会にぜひ遊んでいただけたら嬉しいです。

バイオハザード ヴィレッジ

(株式会社カプコン)

「バイオハザード」シリーズのナンバリング第8作。プレイヤーは主人公のイーサン・ウィンターズとなり、不気味な寒村を舞台に死に物狂いのサバイバルホラーに挑みます。フォトリアルな映像表現や3Dオーディオなど技術の面だけでなく、伝統的なホラーを源流とした魅力的なキャラクターやホラーとアクションが共存するプレイ体験がユーザーから支持された結果、全世界で660万本(*5)を販売しました。

株式会社カプコン
プロデューサー
神田剛 氏

『バイオハザード ヴィレッジ』のPARTNER AWARD受賞にあたり、本作品をプレイまたサポートいただいたすべての皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます! 閑村(ヴィレッジ)を舞台に『バイオハザード7』に続く主人公イーサン・ウィンターズとその家族(愛)の物語の終幕を描いた本作品は、さまざまなホラーテイストが楽しめる“ホラーのテーマパーク”が世界観のコンセプトであり、そこで繰り広げられる“死に物狂いのサバイバルホラーアクション”がPS5のマシンパワーと相まって、次世代のサバイバルホラー体験を紡ぎ出しています。追加DLCパック『Winters’ Expansion』の追体験や、PlayStation®VR2のより没入感あふれるヴィレッジ本編の体験も待っていますので、引き続き『バイオハザード ヴィレッジ』の世界をぜひご堪能ください。これからも「バイオハザード」シリーズとカプコンを応援よろしくお願いいたします!

*5 2022年9月末日現在。

エーペックスレジェンズ

(エレクトロニック・アーツ株式会社)

フロンティアの辺境に伝説の戦士が結集し、富と名声をかけて戦う、基本プレイ無料のヒーローシューターです。12月7日(水)から始まるウィンタータイドイベントで復刻する期間限定モード「ウィンターエクスプレス」を、ぜひお楽しみください。

Respawn Entertainment
ゲームディレクター
Steven Ferreira 氏

Wow! 『エーペックスレジェンズ』チームを代表して、受賞のお礼を申し上げます。3年連続で選ばれたことは、日本のエーペックスコミュニティがいかに情熱的で素晴らしいかを示すものであり、大変光栄に思っています。日本のプレイヤーからの熱意とサポートは、私たちが『エーペックスレジェンズ』を最高のゲームにするための刺激となり続けています。本当にありがとうございました。

グランツーリスモ7

(株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

「グランツーリスモ」25周年記念作品。シリーズ史上最高のクオリティで再現された420車種以上のクルマを収録。リアルな天候、リアルな景観を持つ、90種類以上のコースをドライブできます。また、シリーズファン待望のカーライフを満喫できる「GTモード」を収録。クルマの購入やチューニング、レースをしながら、さまざまなイベントを楽しめます。

株式会社ポリフォニー・デジタル
代表取締役 プレジデント
山内一典 氏

『グランツーリスモ7』について、SPECIAL AWARDへの選出ありがとうございます。「グランツーリスモ」は25周年を迎えました。シリーズを支えてくださったメディアや販売店の皆様、そして何より数々のシリーズ作品をプレイしてくださった「グランツーリスモ」ファン、コミュニティの皆様に深く御礼を申し上げます。これからもアップデートにより進化を続ける『グランツーリスモ7』をぜひお楽しみください。

地球防衛軍6

(株式会社ディースリー・パブリッシャー)

『地球防衛軍6』は前作『5』の数年後を描いたアクションシューティングです。荒廃した世界に細々と生きる人類を、再び巨大な侵略者が襲います。しかし、名もなきEDF兵士の存在が徐々に人類を歓喜へと導いていきます。過去最多のミッションと武器/兵器を収録した本作は、画面分割やオンライン協力に対応し、多様な戦術を駆使できる一方で、5段階の難易度によって誰でもプレイできるのも魅力です。人類を絶望から救った時、明かされる侵略者の正体とは……。

株式会社ディースリー・パブリッシャー
プロデューサー
岡島信幸 氏

EDF隊員の皆様、多くの素晴らしいタイトルの中からUSERS’ CHOICE AWARDに選んでいただきありがとうございます。隊員の皆様の熱いご声援により、このような“翌日”を迎えるとは予想しておらず、絶望の先の快感をリアルで体験させていただきました。恐縮で光栄です。開発を手掛けたサンドロットの皆様をはじめ、関係者各位にこの場を借りて御礼を申し上げます。そして関係者を代表し、改めてユーザーの皆様にシリーズ史上最大の超巨大感謝を申し上げます。EDF! EDF!

Stray

(Annapurna Interactive)

三人称視点で猫の冒険を体験するゲーム。家族からはぐれ、荒廃したサイバーシティに迷い込んでしまった猫は、その地を巡る過去の謎を解きながら脱出を試みます。今年7月に発売して以来、プレイヤーの皆様は合計7億回以上鳴き、200万回以上ドアや壁紙、カーペットで爪を研ぎ、75万回以上も猫で“バスケットボール”をプレイしてきました。

BlueTwelve Studio
CEO
Murtaugh(別名KUKU)

みにゃさん、ごきげんよう。このたびは、みにゃさんの投票により『Stray』がUSERS’ CHOICE AWARDを受賞することができました。心から感謝申し上げます。多くのプレイヤーに爪をとぎ、モノを縁から落とす楽しみを理解していただけているようで、非常に誇らしく思います。CEO(キャット・エグゼクティブ・オフィサー)として、まずはスタジオの優秀な人間たちの身を削る努力と暑苦しい情熱を褒めてあげたいと思います。『Stray』は愛の結晶です。世界中のみにゃさんが『Stray』にここまで共感してくれることは、まさに棚からマタタビ──信じられない喜びです。また、Annapurna Interactiveのみにゃさんには、開発当初から無償のサポートと多大なる助力からなる“人間の手”を貸していただき、感謝の気持ちでシッポを向けて寝られません。そして、この素晴らしい開発の旅をそばで見守ってくれる友人や家族には、特別にナデナデさせてあげましょう。もちろん、『Stray』を手に取り、楽しんでくれたプレイヤーにも感謝しています。とくに猫の飼い主のみにゃさんは、猫が地球を支配するとき“いい子”として報われることでしょう。みにゃさんの健康とお魚に溢れた日々をお祈り申し上げます。

STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN

(株式会社スクウェア・エニックス)

スクウェア・エニックスとTeam NINJAが手掛けた「FINAL FANTASY」初の高難易度アクションタイトルです。主人公の「ジャック」は『FF1』に登場した「ガーランド」であり、ジャックがなぜヴィランである「ガーランド」になってしまったのかという『FF1』の異説が描かれます。

株式会社スクウェア・エニックス
プロデューサー
藤原仁 氏

このたびはとても素晴らしい賞をいただきありがとうございます。『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』は、コーエーテクモゲームス Team NINJAさんとタッグを組むことで生まれたアクションゲームで、「ファイナルファンタジー」シリーズとしても大きな挑戦でした。今回の受賞という形で実を結びましたことは、ひとえに多くのユーザーの皆様からの熱いサポートのおかげです。本当にありがとうございました。追加ミッション第3弾「DIFFERENT FUTURE」の情報は近日公開となりますので、楽しみにお待ちください。

Ghostwire: Tokyo

(ベセスダ・ソフトワークス)

突然大規模な超常現象によって誰もいなくなってしまった美しくも不気味な東京の街を舞台にした、自由度の高い立体的な箱庭型アクションアドベンチャーゲームです。主人公・暁人(アキト)が霊体の相棒キャラクター・KKと二心同体となることで得られた超常の力を駆使し、人々の消失とともに現れた、都市伝説や妖怪譚をモチーフにしたマレビトと呼ばれる不可思議な敵たちに立ち向かい、事件の黒幕である謎の般若面の男に迫ります。

Tango Gameworks
ディレクター
木村憲司 氏

このたび、USERS’ CHOICE AWARDという栄誉ある賞をいただき、ありがとうございます。『Ghostwire: Tokyo』は“遊んで楽しく、そして記憶に残るゲームを作り出したい”という想いを込めて制作した作品です。この賞をいただいたことで、その目標に少しでも近づくことができたのではないかと嬉しい気持ちでおります。本作を遊んでくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。私たちTango Gameworksは、今後も引き続き、記憶に残るゲーム制作を心掛けて邁進してまいります。

「PlayStation Partner Awards 2022」オフィシャルサイトはこちら

Copyright © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

©Bandai Namco Entertainment Inc. / ©2022 FromSoftware, Inc.

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
©「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
©Konami Digital Entertainment

©2010-2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: © 2010 YOSHITAKA AMANO

©創通・サンライズ

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2022 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, and Apex Legends are trademarks of Electronic Arts Inc.

©2022 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. Any depiction or recreation of real-world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. All rights reserved. “Polyphony Digital logo”, “Gran Turismo” and “GT” are registered trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.

©2022 SANDLOT ©2022 D3PUBLISHER

©2022 BlueTwelve Studio Ltd. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.

© 2022 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
LOGO ILLUSTRATION:©2021 YOSHITAKA AMANO

© 2022 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Developed in association with Tango Gameworks. Ghostwire, Tango, Tango Gameworks, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button