日本でのゲーム

日本一ソフト、9月中間決算は営業益66%減の4億3400万円と大幅減 海外での新作とリピートが低調 23年3月通期業績予想を下方修正【追記】 | gamebiz

日本一ソフトウェア<3851>は、本日(11月11日)、第2四半期累計(22年4月~22年9月)の連結決算を発表し、売上高23億6700万円(前年同期比34.3%減)、営業利益4億3400万円(同66.3%減)、経常利益6億3500万円(同50.9%減)、最終利益4億2600万円(同51.1%減)と大幅減収・減益となった。

・売上高:23億6700万円(同34.3%減)
・営業利益:4億3400万円(同66.3%減)
・経常利益:6億3500万円(同50.9%減)
・最終利益:4億2600万円(同51.1%減)

同社では、海外市場における新作タイトル及び過去作のリピート販売の売上が巣ごもり需要の減少等の影響を受けて低調に推移した、としている。前年同期は『魔界戦記ディスガイア6』の海外版がヒットしていた。

セグメント別の業績は以下のとおり。

(エンターテインメント事業)
売上高23億3200万円(同34.9%減)、営業利益6億7500万円(同55.4%減)となった。

パッケージタイトルとしては、国内では『夜廻三』、『void* tRrLM2;//ボイド・テラリウム2』、『グリムグリモア OnceMore』等の合計4タイトルを発売した。また、第3四半期以降に発売を予定している『魔界戦記ディスガイア7』等の開発を進めてきた。

その他については、PlayStation Network、ニンテンドーeショップ、Steam等を通じたゲームソフト及びダウンロードコンテンツの販売や北米・欧州・アジア地域に向けた国内で発売したタイトルのローカライズ及び販売を行った。加えて、新規タイトルの開発及び関連商品のライセンスアウト、カードゲームショップ「プリニークラブ」の運営も引き続き行ってきた。

(学生寮・その他事業)
学生寮・その他事業では、学生支援を目的として岐阜県内の大学学生寮2件の運営等を行ってきた。その結果、当事業全体では、売上高3400万円(同74.1%増)、営業損失2000万円(前年同期営業損失1200万円)となった。

 【追記】
第2四半期(22年7~9月)の決算を見ると、売上高11億1400万円(前年同期比27.9%減)、営業利益1億5600万円(同72.1%減)、経常利益1億9300万円(同66.1%減)、最終利益1億3200万円(同65.1%減)だった。四半期業績推移は以下のとおり。

 

■2023年3月期の業績見通しを下方修正
2023年3月期の業績は、売上高55億8800万円(前期比2.2%減)、営業利益10億2700万円(同34.4%減)、経常利益12億3600万円(同26.8%減)、最終利益8億3000万円(同34.8%減)、EPS164.88円を見込む。

・売上高:55億8800万円(同2.2%減)
・営業利益:10億2700万円(同34.4%減)
・経常利益:12億3600万円(同26.8%減)
・最終利益:8億3000万円(同34.8%減)
・EPS:164.88円

業績予想の下方修正も行っており、売上高を7億8900万円、営業利益を3億9700万円、経常利益を1億9600万円、最終利益を1億0500万円率い下げた。これまでの業績推移と為替動向を踏まえ、今後の海外市場の売上計画を見直した、としている。

計画に対する進捗率は、売上高42.4%、営業利益42.3%、経常利益51.4%、最終利益51.3%となっている。

・売上高:42.4%
・営業利益:42.3%
・経常利益:51.4%
・最終利益:51.3%

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button