日本でのゲーム

新海誠監督の最新作・映画「すずめの戸締まり」が本日公開 – GAME Watch

 アニメ映画「すずめの戸締まり」が本日11月11日より公開される。

 「すずめの戸締まり」は「君の名は。」や「天気の子」などを手掛けてきた映画監督・新海誠氏の新作映画。少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語で、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる”扉”を閉めていく物語が描かれる。

【『すずめの戸締まり』予告【11月11日(金)公開】】

 主人公となるすずめ役には女優の原菜乃華さんが抜擢。“閉じ師”の青年・草太役としてはSixTONESのメンバー・松村北斗さんが起用されている。他にも様々な俳優や声優がキャラクターの声を担当しており、主題歌にはRADWIMPSの「すずめ feat.十明」と「カナタハルカ」が用いられる。

 なお、公式ページでは「『すずめの戸締まり』ご鑑賞予定の皆様へ」として作中で地震描写および、緊急地震速報を受信した際の警報音が流れるシーンが存在すること、加えて本編中および関連のある場所への訪問する際には、近隣住人の方々への配慮、および節度のある行動を心掛けてほしいことを明記している。

【映画『すずめの戸締まり』予告②【11月11日(金)公開】】

ストーリー

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、
「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。
彼の後を追って迷い込んだ山中の廃墟で見つけたのは、
ぽつんとたたずむ古ぼけた扉。
なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが……。

扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、
草太は扉を閉めて鍵をかける“閉じ師”として旅を続けているという。
すると、2人の前に突如、謎の猫・ダイジンが現れる。

「すずめ すき」「おまえは じゃま」

ダイジンがしゃべり出した次の瞬間、
草太はなんと、椅子に姿を変えられてしまう―!
それはすずめが幼い頃に使っていた、脚が1本欠けた小さな椅子。
逃げるダイジンを捕まえようと3本脚の椅子の姿で走り出した草太を、すずめは慌てて追いかける。

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
不思議な扉と小さな猫に導かれ、九州、四国、関西、そして東京と、
日本列島を巻き込んでいくすずめの”戸締まりの旅”。
旅先での出会いに助けられながら辿りついたその場所で
すずめを待っていたのは、
忘れられてしまったある真実だった。

作品概要

  • 原作・脚本・監督:新海誠
  • 声の出演:原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太 伊藤沙莉 花瀬琴音 花澤香菜 神木隆之介、松本白鸚
  • キャラクターデザイン:田中将賀
  • 作画監督:土屋堅一
  • 美術監督:丹治匠
  • 音楽:RADWIMPS 陣内一真
  • 主題歌:「カナタハルカ」「すずめ feat.十明」RADWIMPS
  • 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 制作プロデュース:STORY inc.


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button