日本でのゲーム

AIやXRでリアルを拡張するビデオゲームの最前線、今月注目のストーリー:SNEAK PEEKS at SZ MEMBERSHIP(2022年9月)


『WIRED』日本版の会員サービス「SZメンバーシップ」では、“特区(スペキュラティブ・ゾーン=SZ)”の名のもとにスペキュラティブ(思索/試作的)な実験を促すテーマが毎週設定され、次の10年を見通すインサイト(洞察)が詰まった選りすぐりのロングリード(長編)をお届けしている。


9月にお届けするテーマは「CREATIVITY」「GAME」「EV」「FUTURES」だ。

今月は、雑誌『WIRED』最新号「GAMING THE MULTIVERSE 拡張するゲームと世界」の発売に合わせて、9月第2週に『GAME』を特集する。ゲームプレイヤーの人口が30億人いるとも言われるゲーム業界は、人工知能(AI)や複合現実(XR)といった最新技術をいち早く取り込んできた。そんなリアルの意味を拡張し続けるゲームというマルチバースの最前線を追う。

公開予定の記事「現代のディストピアから着想を得るシチズン・スリーパーのゲームデザイナー」では、ゲーム業界が抱える「受動的な残酷さ」について考える。また、最新号に掲載している記事「eスポーツコーチの孤独と挑戦」のロングバージョンもお届けする予定だ。

さらに、今年は10月14日と15日に「WIRED CONFERECNE 2022」を開催する。ハンズオン型カンファレンスの1日目のテーマは「FUTURES」で、気候危機に見舞われる地球や機能不全を起こしている民主主義をどうやって再生させるのか、その道筋を探索する。

開催に先立ち、9月第4週には『FUTURES』を特集予定だ。「テックリーダーにできること」を取り上げた記事で起業家に求められるリジェネラティブな未来の見つめ方について追求するほか、消費者が個人情報をコントロールする権利を取り戻すために欧州で施行されたGDPR(EU一般データ保護規則)に生じ始めているほころびについて考える。

ここからは、2022年9月に公開する各週の注目記事の読みどころを紹介する。


01

AFP/AFLO

人間であることの意味を問いかけるジェネラティブアート

NFTの時代、機械とコラボレーションするアーティストは、知的財産や制作過程、芸術の価値に関する新たな疑問を投げかけている。(9月第1週『CREATIVITY』で公開予定)


02

Hector Roqueta Rivero/Getty Image

現代のディストピアから着想を得る「シチズン・スリーパー」のゲームデザイナー

ゲームクリエイターのガレス・ダミアン・マーティンが、企業文化の残酷さと、自身のゲームが表現する経済的な不安について語る。(9月第2週『GAME』で公開予定)


03

Zhang Peng/Getty Images

未来の電気化を目指す中国の挑戦

中国は2030年までに自動車市場の4割を電気自動車へとシフトさせようとしている。しかし、その前に立ちはだかるのは“充電”という大きな壁だ。(9月第3週『EV』で公開予定)


04

JACQUI VANLIEW; GETTY IMAGES

意図せぬ結果を避けるためにテックリーダーができること

アイデアや発明がもたらす負の影響を予測するのは困難だが、特定のフレームワークによって起業家たちはもう少し先を見通すことができるようになるだろう。(9月第4週『FUTURES』で公開予定)


このほかにも、SZメンバーシップでは選りすぐりのテーマについて編集部メンバーからゲストに公開インタビューするオンラインイベント「Thursday Editor’s Lounge」を毎週木曜に開催している。8月は以下の3つのイベントを実施。魅力的なゲストが毎週登場し、リアルタイムで寄せられた参加者からの質問にも回答しながら、多角的な思考で議題を掘り下げていった。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button