日本でのゲーム

「オノゴロ物語」,VR AwardsのVR Game of the Year部門でファイナリストに選出

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

大正浪漫蒸奇譚 / VRアクションアドベンチャーゲーム
『オノゴロ物語 〜The Tale of Onogoro〜』
The 6th International VR Awardsでファイナリストに選出!

■VR Awards: VR Game of the Year部門でファイナリストに!

画像集#002のサムネイル/「オノゴロ物語」,VR AwardsのVR Game of the Year部門でファイナリストに選出

AIXR(Academy of International Extended Reality)が主催する、The 6th International VR AwardsのVR Game of the Year部門にて、『オノゴロ物語 〜The Tale of Onogoro〜』がファイナリストに選出されました。
VR Awardは、VRの優れた功績を認め、称えるための国際的なアワードで、没入型テクノロジーが関わるあらゆる業界の専門家にとって見逃せない賞です。2022年度は9月1日から15日の審査期間を経て12月1日にオランダのロッテルダムにて受賞式が開催されます。
VR Game of the Year部門では、他に海外開発の大作が並ぶ中、唯一、日本のスタジオが開発したインディゲームである『オノゴロ物語』がファイナリストに選出されました。Quest Platformでの配信から始まった『オノゴロ物語』ですが、今後の他配信プラットフォームへの移植開発にも大きな自信を抱くことができました。開発チーム一同、プレイヤーの皆様、関係者の皆様へ心より感謝いたします。誠にありがとうございました。

■『オノゴロ物語 〜The Tale of Onogoro〜』とは

画像集#001のサムネイル/「オノゴロ物語」,VR AwardsのVR Game of the Year部門でファイナリストに選出

VRならではの体験性で話題を呼び、世界各国のゲームやVRイベントで数々の賞を受賞したVR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』。同作のプロデューサー/ディレクター髙橋宏典と開発チームが新たに手掛ける『オノゴロ物語 〜The Tale of Onogoro〜』は、気の力と蒸気機関が融合した和風伝奇スチームパンクという独自の世界観で、フィールドに仕掛けられた謎解きや、巨大生物「カミ」との大迫力のバトルなど、プレイヤーと巫女「ハル」の、二人の冒険を描く、VRアクションアドベンチャーです。
対応するヘッドマウントディスプレイはQuest platform、配信ストアはMeta Quest Storeで、価格は2,990円(税込)にて世界同時に2022年3月18日に発売しました。今後、SteamVR、PlayStation VRでの配信を予定しています。

■スクリーンショット

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button