日本でのゲーム

【アニメ『新テニスの王子様 U17W杯』ニュース】日本VSギリシャ 処刑人対決は日本に軍配。“メンタルのアサシン”越知はゲームを掌握 – PASH! PLUSPASH! PLUS

Tenipuri_U17_WC_05_CAP_0016

 アニメ『テニスの王子様』シリーズ最新作『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP(アンダーセブンティーンワールドカップ)』が放送中。本記事では最新話“番狂わせ”より試合結果をお伝えする。

※本記事は、アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』放送済み話数のネタバレを含みます。

日本VSギリシャ 処刑人対決は日本に軍配。“メンタルのアサシン”越知はゲームを掌握

 昨日開幕となった“U-17 WORLD CUP(U-17W杯)”。日本は初戦の相手となるギリシャに3-0のストレートで勝利し、好スタートを切った。

 第1試合のD2(ダブルスツー)は越知月光&大石秀一郎VSタラッタ・ヘラクレス&パパドプーロス・エヴァゲロス。越知、ヘラクレスの両名は強力なサーブを持つ選手だが、今回は越知のビッグサーブ“マッハ”に軍配。さらに、“精神の暗殺者(メンタルのアサシン)”の名の通り相手を追い詰めゲームを掌握。試合中盤、大石がボールの直撃で負傷するアクシデントが発生するも、7-5でなんとか勝利を収めた。

Tenipuri_U17_WC_05_CAP_0049

 続く、第2試合のD1(ダブルスワン)は遠野篤京&切原赤也VSアポロン・ステファノプロス&オリオン・ステファノプロス。遠野とステファノプロス兄弟は、ともに対戦相手にダメージを与える“処刑法”を得意とするプレイヤーであり、奇しくも処刑人対決が実現した。

Tenipuri_U17_WC_05_CAP_0121

 試合は互いに“処刑法”を打ち合う凄惨な様相になったが、血まみれになりながらも遠野がアポロンへの“十三の処刑法”を完走。高校生がともに倒れ、中学生対決となった最終局面は余力を残していた切原が“赤目モード”に変身し、戦意を失っていたオリオンを圧倒した。処刑人対決は6-4で悪魔を擁する日本の勝利となった。

 第3試合のS3(シングルススリー)は種ヶ島修二VSゼウス・イリオポウロス。ゼウスは神懸り的なゲームメイクで試合を掌握し、連続で5ゲームを奪って種ヶ島を追い詰める。窮地に追い込まれた種ヶ島は、ペットボトルのキャップとともにラケットを握り“本人すら把握できないランダムな軌道の打球”を実現することで、7-5で勝利を収めた。

Tenipuri_U17_WC_05_CAP_0143

 初戦で勝利を収めた日本の次なる相手は開催国でもあるオーストラリア。同国は初戦にて世界2位のスイスに勝利を収めており、激戦が予想される。

大石のコメント:「(今回の勝利は)英二たちが応援してくれたおかげだよ」
平等院のコメント:「ギリシャに勝利したが、一つ間違えれば負けるのは俺たち日本だった」

■U-17W杯 本戦は2022年8月3日より毎週水曜深夜にテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知にて中継。8月10日は日本×オーストラリア戦の第1試合、真田弦一郎&幸村精市VSジャン・フィッツジェラルド&クリス・ホップマンが中継される。

関連ニュース

越前、馬上テニスでフランス代表と決闘。大会前日に非公式試合
徳川&幸村敗北。ブラックホールと五感剥奪はドイツに通じず
デューク&不二がドイツに大金星。跡部「足りないものが見つかった」手塚に苦い敗北
越前リョーマまさかのアメリカ代表入り。日本のプレW杯初戦は王者ドイツ

アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』作品概要

【放送局/放送日時】
2022年7月6日から毎週水曜日
テレビ東京:深夜0:00~
テレビ大阪:深夜1:35~
テレビ愛知:深夜2:05~
【原作】
許斐 剛(集英社 「ジャンプSQ.」連載)
【スタッフ】
監督:川口敬一郎
キャラクターデザイン・総作画監督:石井明治
シリーズ構成:広田光毅
色彩設計:津守裕子
美術監督:伊藤 聖(スタジオARA)
背景:スタジオARA
美術設定:青木智由紀
撮影監督:中村雄太
編集:平木大輔
音響監督:松岡裕紀
音楽:玉木千尋
音響制作:神南スタジオ
アニメーション制作:スタジオKAI M.S.C
オープニングテーマ:『I can fly』YOSHIKI EZAKI×Bleecker Chrome
エンディングテーマ:『Dear Friend』テニプリアーティスターズ
制作:NAS
製作:新テニスの王子様プロジェクト
【キャスト】
越前リョーマ:皆川純子
手塚国光:置鮎龍太郎
跡部景吾:諏訪部順一
幸村精市:永井幸子
白石蔵ノ介:細谷佳正
木手永四郎:新垣樽助
平等院鳳凰:安元洋貴
越前リョーガ:宮野真守
ユルゲン・バリーサヴィチ・ボルク:利根健太朗
ゼウス・イリオポウロス:関 智一
J・J・ドルギアス:木村 昴
アレキサンダー・アマデウス:興津和幸
プランス・ルドヴィック・シャルダール:花江夏樹 他

※本記事はアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』の“ニュース&速報”風解説記事です。
アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』特設サイト
アニメ『新テニスの王子様』公式Twitter
(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button