日本でのゲーム

ラリーゲーム「WRC ジェネレーションズ」,PS5/PS4向け日本語版が2022年11月10日に発売決定。予約受付を本日開始


 3gooは本日(2022年8月4日),「WRC ジェネレーションズ」のPS5/PS4向け日本語版を,2022年11月10日に発売すると発表した。価格は4800円(税別)。

画像集#001のサムネイル/ラリーゲーム「WRC ジェネレーションズ」,PS5/PS4向け日本語版が2022年11月10日に発売決定。予約受付を本日開始

 海外では,10月13日のリリースが予定されている本作は,“史上最も包括的で,過酷で,現実に即したラリーシミュレーター”を謳う「WRC」シリーズの最新作だ。
 2022年のWRC(FIA世界ラリー選手権)に,新規定「Rally1」が追加されたことにより,本作でもハイブリッドマシンの使用が可能になっている。

画像集#004のサムネイル/ラリーゲーム「WRC ジェネレーションズ」,PS5/PS4向け日本語版が2022年11月10日に発売決定。予約受付を本日開始 画像集#003のサムネイル/ラリーゲーム「WRC ジェネレーションズ」,PS5/PS4向け日本語版が2022年11月10日に発売決定。予約受付を本日開始
画像集#002のサムネイル/ラリーゲーム「WRC ジェネレーションズ」,PS5/PS4向け日本語版が2022年11月10日に発売決定。予約受付を本日開始

ハイブリッドとリーグモード搭載の人気ラリーゲーム最新作 『WRCジェネレーションズ』日本語版が2022年11月10日に発売

株式会社3goo(サングー)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ディ・コスタンゾ ニコラ)は本日、FIA(国際自動車連盟)より公式ライセンスを受けたラリーレーシングゲームの最新作『WRCジェネレーションズ』の日本語版を2022年11月10日に、PlayStationR5、PlayStationR4で発売することを発表しました。販売価格は4,800円(税別)。予約は本日より開始いたします。



ハイブリッドとリーグモードでラリーの興奮は次の次元へ

■12年ぶりに国内開催されるラリージャパンをはじめ、最新シーズンに対応したWRC公式タイトル
12年ぶりの日本開催となるラリージャパン2022(愛知・岐阜)を含むWRC2022年シーズンに対応。さらに、インプレッサや、セリカ、カローラなどの世界を熱狂させた伝説的マシンも前作からさらに充実しました。

■ハイブリッドカーとリーグモードによる新次元のラリー体験
今シーズンより、WRCカテゴリーにハイブリッドマシンが登場。エンジンと電力を組み合わせた、新次元のドライビングを本ゲームでも体験できます。さらに、他ユーザーと競いながら6段階のカテゴリーで頂点を目指すリーグモードも実装しました。

■日本語音声によるペースノートとチュートリアルで初心者でも安心して本格ラリーを体験
前作から引き続き、助手席からドライバーをナビゲートする「コ・ドライバー」のペースノート音声を日本語化。聞きやすく遊びやすいガイドで本物のラリー走行を体験できます。さらに、日本語チュートリアル音声で、ラリーの知識やテクニックを誰でも簡単に学べます。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button