日本でのゲーム

ライアットゲームズがAWSと提携―e-Sports配信に統計データの提示やパワーランキングなどを導入 | GameBusiness.jp

リーグ・オブ・レジェンド』や『VALORANT』で知られるアメリカのRiot Games, Inc.は、同社の日本法人であるライアットゲームズアマゾン ウェブ サービスAWS)が提携し、e-Sportsコンテンツの制作や配信方法を変更すると発表しました。

その一環として、同社は世界で初めてAWSのデータ分析システムをe-Sports配信に統合し、「LoL Esports」、「VALORANT Champions Tour(VCT)」、「Wild Rift Esports」各競技シーズンを通してグローバルなe-Sportsイベントの配信強化を狙います。

具体的にはe-Sportsの配信中やその前後に、チームを勝利に導くカギとなる主要な統計データを視聴者に示す「Stats powered by AWS」を2022年9月開催予定の「VALORANT Champions」、および今秋開催予定の「League of Legends World Championship」で導入する予定です。

さらに、AWSの分析機能を活用して競技のゲームプレイを評価する「AWSグローバルパワーランキング」、ファンが競技シーズンを通した優勝チームを予想し、各チャンピオンシップイベントに進出するチームを的中させた人に商品が送られるブラケットチャレンジ「Pick’em powered by AWS」などが実施されます。

ライアットゲームズAmazonは、これまでにもTwitchのe-Sports配信や、ライアットのゲームタイトルにおけるPrime GameingのコンテンツDropsで協力を行ってきましたが、「世界中のあらゆるファンにe-Sportsを届ける」というビジョンを共有し、それを実現すべくAWSのテクノロジーを活用したリモート配信センターを開設。e-Sportsのデータ分析、統計データの収集のみならず、「音楽制作、ゲーム制作など、さまざまな分野でエンターテイメント体験を再創造する」というライアットのビジョンを支える拠点となるとのことです。

ライアットゲームズ e-Sports部門プレジデント John Needham氏のコメント

ライアットゲームズは、e-Sportsを通して世界の数十億人のファンに喜びを届けるという長期的なビジョンを擁しているので、Amazonと提携してAWSの技術を活用し、ライアットのe-Sports体験をレベルアップすることにとても興奮しています。AWSの幅広いソリューションと専門知識により、ライアットゲームズのe-Sports配信を強化し、世界中のe-Sportsファンのエンゲージを高めます。ファンがイベントやコンテンツを視聴する方法の再創造から他のプレイヤーとの交流まで、AWSによって、ライアットがスポーツの未来を形作る無限の可能性が開けます。

アマゾン ウェブ サービス セールス、マーケティング、グローバルサービス部門 シニアバイスプレジデント Matt Garman氏のコメント

ライアットゲームズとの協力関係は、e-Sports全体の地位を高めるものです。これはライアットとAWS、そして何よりもファンの方々にとって、win-winの関係となります。今後は、大会の視聴者およびチームが、他のスポーツ中継で利用されるスタッツと同様に、優勝チーム決定への各レーンや武器、スキルの影響をリアルタイムで見ることができるようになります。ライアットとともに、より没入感の高い体験を創造し、魅力あふれるe-Sportsコンテンツを世界の数十億人のファンにお届けすることを楽しみにしています。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button