日本でのゲーム

レーシングゴルフ『Turbo Golf Racing』8月4日に配信へ、現在ベータ実施中。ホールを疾走しターボでカップインを決めろ – AUTOMATON

パブリッシャーのSecret Modeは本日6月12日、3Dレーシングゲーム『Turbo Golf Racing』の早期アクセス配信を8月4日に開始すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Xbox One/Xbox Series X|S。Xbox Game Pass/PC Game Passにも提供される。あわせて、第2回βテストが本日から6月20日までXbox/Steamにて実施中だ。

『Turbo Golf Racing』は、車を操作して巨大なゴルフボールをゴールに運ぶスポーツゲーム。車にはターボ・ジャンプ・滑空などの機能があり、ステージ中に配置されたさまざまなギミックやアイテムを利用して、相手より早くゴールにボールを運ぶことが目的だ。

現在開催中の第2回βテストでは、対戦モードと1人用モードがプレイ可能だ。対戦モードでは最大6人でグランプリ形式のオンラインレースに挑む。ステージには「通過すると加速するレーン」「滑空時間が伸びるリング」「相手をクラッシュさせるロケット」などが配置されており、これらを利用したほかのプレイヤーとの駆け引きがレースの鍵を握っている。ゴールした順位に応じてポイントが得られ、3ラウンド分の合計ポイントで総合順位が決定する。フレンドとのプレイも可能で、製品版ではマルチプレイは最大8人に拡大予定だ。

1人用モードでは各ステージのタイムアタックに挑戦する。現在プレイ可能な12種類のホールはどれも特徴的で、ゴール前に設置された坂を乗り越えたり、ジャンプしてトンネルをくぐったりと、最速を目指すには地形を利用したダイナミックなプレイが不可欠だ。

車の見た目や性能は、プレイ中に得たカスタマイズパーツでチューン可能。特に重要なのは2種類まで装備可能なパワーコアで、車の性能を大きく変更したり、特殊能力を追加したりすることができる。車だけではなくボールの見た目も変更可能で、レース開始時に大量のカラフルなボールが空を舞う様子はなかなかユニークだ。パーツはプレイで得られるゲーム内通貨でも購入可能。

『Turbo Golf Racing』はPC(Steam)/Xbox One/Xbox Series X|Sで発売予定。第2回βテストは6月20日までSteamとXboxで実施中だ。現時点では日本語に対応されていないが、ゲームルールさえ理解できればいいため、英語が読めずともプレイに大きな支障はないだろう。映像を見て気になった人は、是非プレイしてみてほしい。


前の記事Steam『20 Minutes Till Dawn』で時間溶けた。『The Cycle: Frontier』からの『Escape from Tarkov』への挑戦。『春ゆきてレトロチカ』はかなり良かった。今週のゲーミング

主にニュースを担当。ビジュアルや世界観にこだわりのあるゲームが好きです。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button