日本でのゲーム

吉田輝星の”剛球”を元ロッテ捕手も称賛 「勝ちゲームで登板できれば一皮むける」 | Full-Count

里崎智也さんは西武・内海らパのベテラン投手にも注目した

 ABEMATVの「ABEMA/newsチャンネル」で毎週金曜日23時から放送されている「ABEMA バズ!パ・リーグ」。この番組では毎回ゲストを招き、「パーソル パ・リーグTV」で再生回数が多かった動画や、パ・リーグにまつわるニュースを紹介している。今回のゲストは、ロッテでプレーした里崎智也さん。

〇週刊パ・リーグTVランキング!
1位:F吉田輝星わずか“9球”で3人斬り
2位:勝利を呼び込んだ日本ハムの“トリックプレー”!?
3位:重力無視!? M佐々木朗希のホップする直球!!
4位:これぞ“プロの技”!! 「8-6-2-5」のゲッツー!!
5位:驚異のハイペース!! L山川 22試合で14HR

 今週の1位には『F吉田輝星 わずか“9球”で3人斬り』がランクイン。5月5日の楽天戦に4番手で8回に登板した吉田輝は、僅か9球で3者凡退に仕留めた。今シーズン中継ぎで活躍を続ける吉田輝について、里崎さんは「勝ちゲームで常に登板できるようになれば、もう一皮むけるでしょうね」と、さらなる飛躍を期待した。

 4位にランクインしたのは『これぞ“プロの技”!! 「8-6-2-5」のゲッツー!!』。5月6日のロッテとソフトバンクの一戦で、5回裏に1死1塁からロッテ・安田尚憲内野手が二塁打を放ち、一塁走者がホームを狙うもタッチアウト。送球間に三塁を狙った安田もアウトとなり、ダブルプレーとなった。

 このプレーについて里崎さんは「(中堅の)柳町達選手からの中継プレーも素晴らしかったですが、一番の問題は一塁走者を回したこと」と指摘した。続けて「千賀投手がこの回打たれてアップアップしている状況で、次の打者がレアード選手。この状況ならまだ追加点を取れた可能性があります。2アウトなら回してもいいのですが、1アウトで楽勝のアウトというのは判断ミスかなと思いますね」と三塁コーチの判断について言及した。

 番組の最後では、里崎さんが「まだまだ元気なベテラン勢」として、今シーズン活躍を見せているベテラン選手をピックアップ。西武・内海哲也投手、日本ハム・金子千尋投手、オリックス・平野佳寿投手、楽天・岸孝之投手を映像とともに紹介した。

 里崎さんは「長く野球を続けていくためには、制球力などといったテクニカルな部分が大事」と指摘。そしてベテラン選手がチームに与える影響については「経験があるからちょっと連敗したくらいであたふたしない。練習法も若手の見本になるから、生きた教材としてチームに必要不可欠な部分になる」と語った。

 番組の詳しい内容はABEMAビデオ内でチェック。過去の放送分も配信しているので、あわせてご覧いただきたい。次週は西武とロッテでプレーした元プロ野球選手のG.G.佐藤さんをゲストに迎える。

(「パ・リーグインサイト」成田理亮)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button