日本でのゲーム

「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」をコンセプトとした日本初Jリーグオフィシャルライセンス許諾のブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』を今夏リリース予定!

■「Free to Play and Earn」をコンセプトとした日本初のサッカーゲーム
昨今ブロックチェーン技術を活用して開発し、プレイすることでNFT などを獲得し報酬を得ることができ、遊びながら稼ぐことが出来るゲームコンセプト「Play to Earn」は世界的な注目を集めております。一方、日本国内における法律上の問題等もあり、これまで国内の法律に準拠した「Play to Earn」の概念をもつサッカーゲームの開発は実現しておりません。
また、「Play to Earn」ゲームの多くは、有料のコンテンツの購入などがゲームを楽しむために必要で、ソーシャルゲームでは一般的な「Free to Play」(無料でプレイできる)のコンセプトは浸透していません。
本作「トレサカ Jリーグ」は、国内の法律に準拠する形で、「Free to Play」と「Play to Earn」の2つのコンセプトを融合し、日本初の「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」のサッカーゲームとなります。                       

■ブロックチェーンゲーム「Jリーグ トレーディングサッカー」について

「Jリーグ トレーディングサッカー」は、2022 明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全40クラブ800名以上の選手が実名実写で登場します。ユーザーは、クラブのオーナー兼監督となり、自分自身のクラブを作り上げリーグの頂点を目指すシミュレーションゲームで、サッカーファンから初心者まで楽しめる本格的なサッカーゲームとなっています。多数のオンラインゲーム同様に、基本無料ですぐにプレイすることが可能です。

さらに、ゲーム内で育成した選手をNFT化することで従来のソーシャルゲームでは実現できなかったユーザー間での売買が可能になり、手軽に楽しみながら報酬を得ることができます。NFTにはLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を採用予定です。

今後もワンスポーツでは、プロスポーツを題材としたNFTサービスの順次拡大を予定しております。

*本プレスリリースに掲載の画像は開発中の画面であり、実際の仕様とは異なる場合があります。

 

■OneSportsについて

私たちは、スポーツを「楽しむ人」を増やし、日常をより豊かにしていくデジタルスポーツエンターテインメント・カンパニーです。

前身であるモブキャストゲームス時代の2010年にスポーツゲーム「モバプロ」のリリースを皮切りにして、野球、サッカー、バスケットボール、競馬、プロレスなど複数のゲーム配信と運営に携わり、累計800万以上のユーザーとコミュニケーションしてきました。今後も、スポーツ×テクノロジーが生み出す無限の可能性のなかで、ファンと選手の価値を創造し、日常をより豊かにしていきます。

会社概要

【会社名】株式会社OneSports

【代表】代表取締役 杉野 範和

【所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 39F

【設立】2020年2月13日

【URL】https://www.onesports.co.jp/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button