日本でのゲーム

「YGG Japan」誕生 世界最大のブロックチェーンゲームギルドが日本進出

YGGが日本進出

ブロックチェーンゲームのDAO(自律分散型組織)型コミュニティを提供する株式会社ForN(フォーン)は24日、世界最大のブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games(YGG)」と提携し、「YGG Japan」の国内運営を行うことを発表した。

進出理由としてForN社は、「日本のゲーム市場は、中国、アメリカに次ぐ世界第三位の規模を誇り、国民一人当たりのゲーム支出額が世界で最も高い国。」「これまで日本では多くのグローバルIPが生まれ、世界で尊敬されているゲーム会社も多数あ流」点を挙げた。

「YGG Japan」は、日本ユーザーに向けて新たなコンセプト「Play and Earn(遊んで稼ぐ)」を提供することを目指すゲームギルドだ。「スカラーシップ(奨学金)体制の強化、ギルド運営ツール、ゲームに関する各種インセンティブプログラム」を通して、日本のIP(知的財産権)を活用したブロックチェーンゲーム等を、全世界に届けるための環境整備に尽力する。

関連:
ブロックチェーンゲームの稼ぎ方「Play to earn(P2E)編」|廃猫

同ギルドの母体となっている「Yield Guild Games」は、ブロックチェーンゲームで「稼ぐ」ことを目標とした世界最大のDAO(分散型自立組織)型ゲーミングギルドで、24カ国以上で10万人以上のプレイヤーを抱えているとされる。

すでに、大手ベンチャーキャピタルのa16zやBITKRAFT、Infinity Ventures Crypto(IVC)などからの資金調達に成功しており、2021年のパブリックトークンセールでは、わずか31秒で約15億円(1,250万ドル)を調達した。

関連:米コインベース、NFTゲームコミュニティYGGと提携

今回の発表を受けて、YGG共同創設者のGabby Dizon’s氏は以下のようにコメントをしている。

日本のゲーマーは、ブロックチェーンゲームの世界を探求するのに最適なコミュニティだ。YGG、YGGsubDAOとともに、YGG Japanはプレイヤーのオンボーディング、コミュニティの成長、そして日本のゲーマーをメタバースに引き込むゲームとの提携において、不可欠な役割を果たすと信じている。

多くの日本関連企業が提携

出典:株式会社ForN 公式資料

YGGの日本進出を受けて、多くの国内仮想通貨・ブロックチェーン関連企業や個人投資家が「YGG Japan」に出資している。(以下参照)

  • Infinity Ventures Crypto (IVC)
  • YIELD GUILD GAMES(YGG)
  • YGG SEA
  • 株式会社アカツキ
  • double jump.tokyo Inc.
  • CryptoGames Inc.
  • アリーバ・スタジオ社
  • 株式会社 Kiii
  • 株式会社Days
  • 個人投資家3名(国光宏尚氏、森和孝氏、三宅裕之氏)

この他に、人気ブロックチェーンゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」の開発企業であり、多くのブロックチェーン関連事業への投資を行うAnimoca Brandsが、「YGG Japan」への出資を協議中となっている。同社は先日、日本市場への進出を発表したことで知られる。

関連:NFTゲーム投資を行うWeb3.0最大手「Animoca Brands」が日本進出 講談社などから11億円を資金調達

また、出資企業に名を連ねている「double jump」は、渡辺創太氏が主導する日本発パブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)との提携も発表しており、IPを活かしたNFTエコシステムの拡大に協力することを表明している。

関連:Astar Networkとdouble jumpが提携、IPを活⽤したNFTビジネス展開へ

24時間上昇率ランキング(国内)

24時間下落率ランキング(国内)

1週間上昇率ランキング(国内)

1週間下落率ランキング(国内)

時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

コメントしてBTCを貰おう

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button