日本でのゲーム

ボードゲーム「ビヨンド・ザ・サン」の日本語版が4月上旬に発売

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ボードゲーム新製品
『ビヨンド・ザ・サン』日本語版発売のご案内

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、数々のボードゲーム賞を受賞して注目を集めている、宇宙開拓・文明開発がテーマのボードゲーム『ビヨンド・ザ・サン』日本語版を4月上旬に発売いたします。

画像集#001のサムネイル/ボードゲーム「ビヨンド・ザ・サン」の日本語版が4月上旬に発売

地球は死につつある。ならば目指すは太陽のむこう(ビヨンド・ザ・サン)!
舞台は二十三世紀の地球。人類は死にゆく惑星で絶滅の危機に瀕している。

多大な努力の末、全人類は太陽系のその先へと旅するのに必要な初期技術を産み出すために一丸となった。
この惑星を操っていた様々な勢力が自分たちの主張の違いを一旦脇に置き、人類の新たな住処を見つけようとした。

君はそのいくつかある強大な勢力のリーダーだ。

居住可能な星系は近くにいくつかあり、そのどれを信奉者の新たな本拠地とするかは君の手腕にかかっている。それは人類の生存競争だ。
だが、その運命を操るのは誰なのか? 君の権力への野心は果てが無い。植民のために探し求める銀河の広さと同じほどに。
新たな時代に、君の勢力は支配する側になれるだろうか?

画像集#002のサムネイル/ボードゲーム「ビヨンド・ザ・サン」の日本語版が4月上旬に発売

プレイヤーは手番順に、共通の技術ボード上で可能なアクションの実行・リソースの生産をします。
技術がさらに研究されていくことで、アクションの選択肢が増えていきます。
そしてプレイヤーはアクションを使って経済を発展させ、宇宙船を移動し、星系に植民し、新たな技術を研究します。
ゲームは一定数の実績が満たされた時点で終了に向かい、実績や入植した星系などで得られるポイントが最も高い勢力が勝利します。
特徴的な、プレイヤー間で共通の技術ツリーを発展・使用する文明発展要素と、様々なアクションを駆使して行うリソースマネジメント要素を持ち、ゲーム終了条件とも得点ともなる実績カードは毎ゲームの展開を異なったものとします。
また、様々な得点方法により勝ち筋が一つだけではなく、技術ツリーで開発される技術は毎回異なります。
ゲームの条件が毎回変化するためリプレイアビリティも高く、そして様々な工夫によりゲーム自体もプレイしやすい、今注目の文明発展と宇宙開拓のゲームです。

【商品情報】
●商品名:『ビヨンド・ザ・サン』日本語版
●価格:11,000円(税込)
●プレイ人数:2~4人
●プレイ時間:約100分
●対象年齢:14歳以上
●ゲームデザイン:デニス・K. チャン
●内容物:技術ツリーゲームボード1枚、宇宙探査ボード(両面)1枚、技術カード46枚、
イベントカード20枚、星系カード24枚、実績カード 10枚、ギルドカバータイル4枚、
アクション置き換えタイル(2-3人用)2枚、勢力マット(二層、各勢力2種類)8枚、
技術カード置場バー(上級選択ルール用)2枚、開始プレイヤーマーカー1つ、
鉱石クリスタル60個、6面リソースキューブ80個、木製マーカーディスク96枚、
早見表4枚、アクションポーン4個、ルールブックと準備シート

(C) 2021 Rio Grande Games All Rights Reserved.

【関連リンク】
●ホビージャパンのゲーム商品案内 https://hobbyjapan.games/
●ホビージャパン・ゲームツィート https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME
●ポストホビーWEBSHOP|アナログゲーム https://www.posthobby.com/hpgen/HPB/entries/3.html


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button