日本でのゲーム

ウェブ3のアニモカブランズが日本進出、社長に米ファンドの谷氏 – Bloomberg

非代替性トークン(NFT)やメタバース(仮想空間)のゲームを手掛けるオーストラリアのアニモカブランズが日本に進出する。米ヘッジファンドのミレニアム・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクターだった谷元樹氏(48)が社長に就任し、4月には東京都港区にオフィスを開設する計画だ。

  アニモカブランズ日本の谷社長はブルームバーグのインタビューに応じ、日本で1月に大手出版社や銀行や生保、その他金融機関などから11億円の出資を受けたことを明らかにした。最高投資責任者にBNPパリパ証券前取締役の岡澤恭弥氏、最高技術責任者にカスタマイズ時計アンダーンの創業者であるロバート・トラン氏が就いた。

  アニモカは香港を拠点にデジタルエンターテインメントやゲーム、ブロックチェーンなどを提供しており、ブロックチェーン技術を使った次世代の分散型ネットワーク「Web3(ウェブ3)」で先行するユニコーン企業。過去にオーストラリア市場に上場していた時期もあり、昨年12月末時点の企業価値は58億ドル(6700億円)になっているという。

Digital and NFT Art on Show at the Digital Art Fair Asia

香港のデジタル・NFTアートのイベントでメタバースの世界を体験する来場者

Photographer: Lam Yik/Bloomberg

  谷社長は、日本はこれまでGAFA(グーグル、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル)が主導するウェブ2の世界では後塵を拝したが、「ウェブ3の世界にはきちんとついていかねばならない」とし、「一投資家としてではなく、自らこの世界に入ることを決めた」と語った。コンテンツやクリエイターが素晴らしい日本の「古く深い⽂化を守っていきたい」とも言う。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button