日本でのゲーム

『バイオハザード RE:3』出荷数が全世界で500万本突破。PC版の販売強化、継続的な価格施策といった戦略で大きく売り上げを増加 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

 2022年2月8日、カプコンは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:3』の出荷数が全世界で500万本を突破したことを発表した。

 本作は、1999年に発売した『バイオハザード3 ラストエスケープ』のストーリーや設定にアレンジを加え、原作プレイ済みの人でも新たなゲーム体験を実現したリメイクタイトルだ。日本ゲーム大賞2021では、 年間作品部門“優秀賞”を受賞しており高い評価を獲得している。

 そのほかにも、継続的な価格施策やPC版の販売強化といったデジタル販売戦略の推進により売り上げを伸ばし、今回ついに500万本突破となった。


『バイオハザード RE:3 Z Version』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)


『バイオハザード RE:3』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

以下、リリースを引用

『バイオハザード RE:3』が全世界で500万本を突破!

~作品への高い評価とデジタル販売の促進により、販売本数を着実に伸長〜

 株式会社カプコンは、PlayStation4、Xbox OneおよびPC向けゲーム『バイオハザード RE:3』を、全世界で500万本出荷しましたのでお知らせいたします。

 『バイオハザード RE:3』は、1999年に発売した『バイオハザード3 ラストエスケープ』のストーリーや設定にアレンジを加え、自社開発エンジン「RE ENGINE」など先端技術を活用することで、原作をプレイ済みの方にも新鮮なゲーム体験を実現したリメイクタイトルです。昨年の「東京ゲームショウ2021 オンライン」で発表された「日本ゲーム大賞2021」において、年間作品部門「優秀賞」を受賞するなどユーザーから高い評価を獲得したことに加え、継続的な価格施策やPC版の販売強化といったデジタル販売戦略の推進により着実にユーザー層を拡大し、全世界で500万本を達成しました。

 当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

商品概要

『バイオハザード RE:3』出荷数が全世界で500万本を突破! デジタル販売戦略の推進によりユーザー層を拡大

  • タイトル名:バイオハザード RE:3
  • ジャンル:サバイバルホラー
  • 対応機種:PlayStation4、Xbox One、PC
  • 発売日:2020年4月3日

※”PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、および Xbox Series X|S は、Microsoftグループの商標です。

「バイオハザード」シリーズについて

 当シリーズは、武器やアイテムを駆使し惨状からの脱出を試みるサバイバルホラーゲームです。1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数1億本を超える当社の代表的なコンテンツであり、登場から25年以上経過した今なお、世界中から熱狂的な支持を集めています。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button