日本でのゲーム

ももクロ・高城れにさんも参戦! 「ウマ娘 プリティーダービー」熱すぎる新CM放送開始(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

【この記事に関する別の画像を見る】

 新CMには、ももいろクローバーZの高城れにさん、俳優の吉田鋼太郎さん、中村倫也さんの3名が出演する。CMでは、喫茶店にてゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」を楽しむももいろクローバーZ・高城れにさんの声援を送る声を聞きつけて、後ろの席から吉田鋼太郎さんと中村倫也さんが登場する。高城さんのスマホで繰り広げられるレース展開に興奮を抑えきれず、ウマ娘たちに全力で声援を送る吉田さんと、思わずレースに夢中になる中村さん。3人とも最後はすっかり意気投合して一緒にウマ娘を応援し、仲良く勝利の喜びを分かち合うという物語になっている。

 これまで熱くウマ娘を応援してきた吉田さん、中村さんはもちろん、高城さんを加えて、さらに盛り上がる3人の“熱すぎるっ”声援に注目したい。

■ 新CM概要

タイトル:【ウマ娘 プリティーダービー】CM「テイオーちゃーーん!」篇
放映開始日:1月15日
放映エリア:全国

■ 高城れにさんインタビュー
――ウマ娘のCM出演が決まったときはどんなお気持ちでしたか?

高城さん:実はファンの方から、イラストになった私の顔と(ウマ娘の)ゴールドシップというキャラクターが似てるって言われて、TVアニメを観てみたのが作品との出会いなんです。そこからどんどんハマって、ゲームもプレイして、競馬にも興味が湧くようになっていた時期にCM出演のお話をいただいたので、なんだかご縁を感じて本当に嬉しかったです。

――ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」について、どんな印象をお持ちでしたか?

高城さん:元々ゲームをそんなにやるタイプではなかったので、最初に育成ゲームと聞いたときは「簡単にすぐ育っちゃうんじゃない?」って思ってました。そういうイメージだけでゲームを始めてみたら、難しくって……。でも、プレイするたびに担当するウマ娘との絆が深まって、「ゴールを見届けたい!」というトレーナーさんの気持ちがよくわかって、どんどん愛着が湧いてきました。

――今回のCM撮影を終えた感想はいかがでしたか?

高城さん:普段グループで活動していて、1人で撮影する機会はあまりないので最初はすごく緊張していたんです。でもアプリを開いた瞬間に普段家で見慣れてる画面が出てきて、一気に緊張がほぐれました(笑)。

――共演した吉田鋼太郎さん、中村倫也さんの印象をお聞かせください。

高城さん:今回ウマ娘のCMということで髪型をポニーテールにしていたんですけど、撮影中に中村さんと距離が近づく場面で、ポニーテールが中村さんの顔に当たってしまって……。あっ! と思ったら、中村さんが「面白いからいいですよ」ってすぐフォローを入れてくださったんです。

 吉田さんは今回もカロリーの消費量がすごくて、オンエアの見どころかなと思います。お会いするまではちょっと怖いイメージというか、ダンディーな方というイメージがあったんですが、(前回のCM収録で)「うまぴょい伝説」を歌ったときにちょっと手こずっている姿が見えて、すごくお茶目で可愛い方だなって思いました。

 お2人ともすごく気さくでフレンドリーに接してくださって、私が自然に馴染める雰囲気を作ってくださいました!

■ 出演者プロフィール

【高城れにさん】

 1993年生まれ 神奈川県出身。「ももいろクローバー」として2010年にメジャーデビュー。2012年にはNHK紅白歌合戦に初出場、女性アイドル初の国立競技場でのライブ開催など、瞬く間にトップアイドルに。メンバー初のソロコンサートやラジオパーソナリティーにも挑戦。女優としても活躍している。

【吉田鋼太郎さん】

 1959年1月14日生まれ、東京都出身。数々のドラマ・映画・舞台に出演しており、2013年にTVドラマ「半沢直樹」(TBS系)で主人公の上司役を演じ注目を集め、2014年連続テレビ小説「花子とアン」(NHK)の九州の石炭王・伝助役を演じた。

 2015年から「刑事7人」(テレビ朝日系)シリーズなどにも出演。2018年「おっさんずラブ(テレビ朝日系)「今日から俺は!!」(日本テレビ系)、2019年映画「ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」、「おっさんずラブ LOVE or DEAD」、「カイジ ファイナルゲーム」などで活動。

 2014年、舞台「ヘンリー四世」の演技で芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞。2016年、他界した蜷川の後を継ぎ「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督に就任した。また、主演を務める連続ドラマ「おいハンサム!!」が、1月8日から東海テレビ・フジテレビ系で放送中。

【中村倫也さん】

 1986年12月24日生まれ。東京都出身。2005年俳優デビュー以来、数々のドラマ・映画・舞台に出演。2019年、第43回エランドール賞新人賞、第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞、LINEニュースアワード2019俳優部門受賞。

 近年では、ドラマ「この恋あたためますか」、「珈琲いかがでしょう」、舞台・いのうえ歌舞伎「狐晴明九尾狩」(劇団☆新感線41周年興行秋公演)などに出演。現在、ドラマ「No Activity /本日も異状なし」がAmazon Primeにて配信中。待機作に映画「ウェディング・ハイ」(3月12日公開)、「ハケンアニメ!」(5月公開予定)、配信作品「仮面ライダーBLACK SUN」(2022年)などがある。

 初のエッセイ集「THE やんごとなき雑談」が発売中。

©Cygames, Inc.

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button