日本でのゲーム

ASCII.jp:アスキーゲーム:アーケードスティック「EGO Arcade FightStick」の日本国内向け台数限定モデルが登場!

プロゲーマーも御用達の品質を誇るゲームコントローラー

2021年12月20日 16時45分更新

 Mad Catzは12月17日、トーナメントグレードのジョイスティ ックや高耐久ボタンを採用するアーケードスティック「EGO Arcade FightStick」(PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch/PCで使用可能)について、日本国内向けオリジナルデザインの台数限定モデルが登場すると発表した。

 新デザインは黒地に赤い爪をあしらった、Mad Catzのロゴイメージを採用しており、ファン垂涎の精悍なデザインとなっている。価格は従来どおり(オープンプライス)で、大手量販店、大手ネ ット通販サイトにて予約受付中だ。

 2021年12月25日~26日にヨドバシカメラ梅田店にて開催されるゲーミングアクセサリ新製品発表・即売会イベント「ヨドバシ梅田ゲーミングショー」にて、日本国内向けオリジナルデザイン「EGO Arcade FightStick」が展示、販売される。興味があれば、行ってみてはいかがだろうか。

以下、リリースより。

カスタマイズ性を生かし日本国内向けオリジナルデザインに

 Mad Catzのアーケードスティック「EGO Arcade FightStick」は、カスタマイズ性に優れたMODフレンドリーな設計により、ユーザーはアーケードジョイスティック、ボタンの背面へ簡単にアクセスできます。

 トップパネルもその1つで、デザインシートをアクリルパネルで本体に固定する構造を採用することで、ユーザーは標準デザインシートをオリジナルの自作デザインシートに変更することができ、トップパネルを独創的なデザインや対戦に必用な情報などにカスタマイズが可能となっています。今回、デザインシートを従来の世界標準のデザインシートから日本国内向けオリジナルデザインに変更します。

アーケードスティック「EGO Arcade FightStick」

 2019年に日本再上陸を果たしたMad Catzは、2020年8月に満を持して格闘ゲームコントローラの世界に「EGO Arcade FightStick」を復活させました。日本国内で累計6000台を販売。欧米をはるかに凌ぐ台数を国内市場に送り出し、日本のファンから多大な支持をいただけたことが、日本国内向けオリジナルデザインの販売につながりました。

 「EGO Arcade FightStick」はトーナメントグレードの8方向三和電子製ボールトップジョイスティックと高耐久ボタンを採用。8つのボタンレイアウトは「Vewlix」スタイルを正確に踏襲。PS4/Xbox One/Nintendo Switch/PCで使用できる高い互換性を実現しました。

 「EGO Arcade FightStick」は、通常のゲームコントローラーがおよばない速度、正確さ、および精度を実現。プロゲーマーのトーナメントプレイに耐えるアーケード品質のレスポンスとパフォーマンスを提供します。

 米国最大手ゲームレビューサイトのIGNにて「EGO Arcade FightStick」はベストアーケードコントローラーに選出されています。

https://www.ign.com/articles/the-best-arcade-fight-sticks

【製品仕様】

製品名:EGO Arcade FightStick

型番:GAPCCAINBL000-0J

互換性:

 Windows Direct + Xinput

 Xbox One(オリジナルコントローラーを背面のUSBポートに接続)

 PS4(オリジナルコントローラーを背面のUSBポートに接続)

 Nintendo Switch

接続方式:有線 USB2.0 Type A

ケーブル長:1m

ボタン:8

D-Pad:アナログスティックをD-pad入力に切り替え可能

アナログスティック:ジョイスティック

長さ:およそ400mm

奥行:およそ250mm

高さ:およそ80mm

重量:約2.76kg


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button