日本でのゲーム

闘莉王が推す日本代表“遠藤保仁の後継者” 3つの異能を絶賛、柴崎岳との大きな違いは?(Football ZONE web) – Yahoo!ニュース

「そこは今の日本人選手では一番だと思う」と田中碧の異質プレーを指摘

【動画】「あまり信頼してはダメ」 闘莉王、中東アウェー戦での衝撃“トンデモ事件簿”を告白

 闘莉王氏と、この10月シリーズ直前に世代交代について話をしている時だった。その吐き出す言葉の中に、田中の名前があった。

「若い世代は十分に力を付けてきていると思います。東京五輪を見ていても期待を膨らませる戦いをしてくれていました。特に、田中碧はイチ押しの選手です。日本にようやく現れたヤット(遠藤保仁)の後継者候補。必ずフル代表でも力になれる存在だと思っています」

 現役時代、「日の丸に誇りを持って戦ってきた」という闘莉王氏は、日本代表には常に厳しい視線を注いできた。だが、田中には称賛の言葉を惜しまなかった。期待を寄せる理由として、彼の3つの“異能”を挙げている。

「まず、あのセンスは真似ができるものではないと思います。どの試合でも展開を読み、いかにチームとしてゲームを進めるのかを意識している。落ち着かせるべきか、テンポを上げるべきかの判断が的確。そこは今の日本人選手では一番だと思う。これから経験を積んでいく必要はあるが、今後の日本の中盤を担っていくのは彼だと思います」

同じポジションの田中碧と柴崎岳を比較「大きな違いがある」

「柴崎も長短のパスが、すごく上手い選手です。ただ、田中碧のほうが前に出て行けて厚みのあるプレーができる。そのため、攻撃力は田中碧のほうが少し上だと思っています。そして、何よりも波が少なく、パフォーマンスに安定感がある。柴崎は確かに良い時はいいが、波に乗れない時がある。そこに大きな違いがあると思っています」

 奇しくも、サウジアラビア戦では、その柴崎の痛恨のパスミスによって決勝点を献上してしまった。失点を招いた場面は、いくつものミスが重なっていて柴崎だけが責められるわけではない。ただ、闘莉王氏が挙げた、田中が備える試合を読む的確な判断力、3列目からの得点力、安定感の3つの才能は、いま日本の中盤が抱えている課題の解決策となりうるはずだ。

 そして、かつて日の丸を背負った闘将は、“イチ押し”に最大級の賛辞を贈った。

「ダイナミックなプレーができて、かつサッカーセンスも持っている田中碧は、本当に伸びシロが楽しみな選手。それをこれからどう磨いていくのか。日本サッカーの今後を占う上でも、彼自身の成長が、代表チームの成長バロメーターになっていくかもしれない」

 最終予選は長丁場、まだ3分の1も終えていない。まだまだ巻き返しの青写真は描けるはずだ。田中が日本の司令塔となった時、それが森保ジャパンの反撃の始まりとなるかもしれない。

馬場康平 / Kohei Baba

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button