日本でのゲーム

2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売

2人用ボードゲーム「ニコデマス」日本語版が10月下旬に発売
配信元 ホビージャパン 配信日 2021/10/05

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

2人用ボードゲーム『ニコデマス』日本語版発売のご案内

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、コンベアラインから流れる機械を修理し、スクラップにし、タスクをひたすら達成していく、奇妙で幻想的なアートワークと独特のプレイ感でいまだ支持の篤い『イマジナリウム』を元にした、二人専用対戦ボードゲーム『ニコデマス』日本語版を10月下旬に発売いたします。

画像集#001のサムネイル/2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売

夢の工場の雑用係のニコデマス・ギデオン、このたび退職!!
ここ352年もの間、彼は資源や黒炭素の生産に欠かせないがらくた場の魅力的な機械を修理し続けてきた。
そんな彼の後がまを狙う助手たちは、厳しい規則の下、互いに雑用係勝負を行うこととなる。
試験はまさに過酷!

『ニコデマス』では、プレイヤーは夢の工場雑用係の次期ポストを巡って、よりよい成績を収めることを競います。
ゲームは交互に手番を繰り返して進行します。
自分の手番でプレイヤーは、手札の機械を共通のゲームボードである「ガラクタ場」にプレイするか、ガラクタ場の機械を修理して自分の「作業場」に置くことができます。

画像集#002のサムネイル/2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売 画像集#003のサムネイル/2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売
画像集#004のサムネイル/2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売 画像集#005のサムネイル/2人用ボードゲーム「ニコデマス」の日本語版が10月下旬に発売

プレイヤーはガラクタ場に機械カードを置くことで、記されたリソースを得たり、機械の効果を使用したりすることができます。
しかしガラクタ場に置いた機械は、相手が修理して作業場に置いてしまうかもしれません。
勝利点は、作業場に置かれた機械により得ることができます。
また、作業場にある機械は修理コストを軽減し、タスクの達成の条件ともなりますので相手の利益になるかもしれません。
作業場に置ける機械は4枚を上限としてどんどん入れ替わっていくので、手札とリソースをうまく管理して、ガラクタ場と作業場での自分の優位を得ていきましょう。

『イマジナリウム』の雰囲気はそのままに、2人用ゲームとして短時間でプレイでき、駆引きも悩ましいゲームです。

【商品情報】
●商品名:『ニコデマス』日本語版
●価格:4,400円(税込)
●プレイ人数:2人用
●プレイ時間:45分
●対象年齢:14歳以上
●ゲームデザイン:ブルーノ・カタラ&フロリアン・シリエ
●商品コード:4981932025933
●内容物:カード56枚、ボード1つ、厚紙タイル20枚、木製トークン2個、木製キューブ8個、プラスチック製キューブ16個、プラスチック製結晶12個、ルールブック1部

(c) Bombyx 2021.

【関連リンク】
●ホビージャパンのゲーム商品案内
https://hobbyjapan.games/
●ホビージャパン・ゲームツィート
https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME
●ポストホビーWEBSHOP|アナログゲーム
https://www.posthobby.com/hpgen/HPB/entries/3.html


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button