日本でのゲーム

日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒


 日本eスポーツ連合が主催する「日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND」が,2021年10月3日に埼玉県所沢市のところざわサクラタウンにて,無観客オンライン配信で行われた。

画像集#001のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 日本とサウジアラビアのeスポーツ発展・振興と,両国の友好を深める目的で,日本選手とサウジ選手による「グランツーリスモSPORT」「THE KING OF FIGHTERS XIV」「鉄拳7」「eFootball」「ストリートファイターV チャンピオンエディション」の全5種目のeスポーツ大会が開催された。本稿では「eFootball 2022」部門の模様をレポートする。

 1試合5分,延長PKありで全5ゲームを行い,第1ゲームから第3ゲームまでは1vs1で勝ち点は1ポイント,第4ゲームと第5ゲームは2vs2で勝ち点は2ポイントというルールにて行われた。
 出場選手は,日本チームがかつぴーや選手まさちゅう選手Shiro選手。サウジチームはGOAT_INESTA選手Kmansour選手Mutawa選手の3人だ。

画像集#002のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

日本チーム:左から,かつぴーや選手,まさちゅう選手,Shiro選手

画像集#003のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

サウジアラビアチーム:左から,Kmansour選手,Mutawa選手,GOAT_INESTA選手

 それぞれの国歌が流された後,注目の第1試合は,まさちゅう選手とGOAT_INESTA選手の対戦でキックオフ。前半戦は両者アグレッシブに攻める展開で,シュート数も多い中,まさちゅう選手がスローインからのセンタリングでこぼれたボールをうまく拾い,相手ディフェンダーに当てながらも先制する。

 先制点を奪われたGOAT_INESTA選手も奮起し,後半戦ではボールを支配して,同点ゴールを決める。この後,1-1で延長戦にまでもつれ込んだが,互いに譲らず,初戦からペナルティキック(PK)戦となった。なんとここで後攻のGOAT_INESTA選手が3連続でPKを外し,一方のまさちゅう選手は無難に3本を決めて,日本チームに1ポイントが与えられた。

画像集#004のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 第2試合は,Shiro選手とMutawa選手の対戦。ややじっくりめに攻めていく日本チームに対し,カウンターを狙うサウジチームという展開になった。前半・後半戦とも両者のディフェンスの巧さも光り,延長戦でも互いに点を奪えず,こちらもPK戦となった。
 なんとこの試合でも,Mutawa選手が2本目と3本目を止められて万事休す。ミスをせずに4本を決めたShiro選手が勝利となった。

画像集#005のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 第3試合,一矢報いたいサウジチームのKmansour選手はかつぴーや選手に対し,ドリブル主体で気合いの入った試合運びをしていく。しかし,かつぴーや選手のディフェンスは固く,攻めきることができない。そして後半戦,長めのスルーパスでディフェンスラインを抜き,フリーの状態となったKmansour選手のシュートが見事に決まり先制する。かつぴーや選手も追いつくべく奮闘するも,この1点を守り切ったKmansour選手が勝利した。

画像集#006のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 第4試合以降は,勝利により2ポイントが入る2vs2のダブルスによる対戦となった。

 第4試合は,日本チームがかつぴーや選手&まさちゅう選手,サウジチームがGOAT_INESTA選手&Mutawa選手でキックオフ。プレイヤーが増えたことにより,激しいボールの奪い合いが展開するが,両者ゴール前までは行くものの,点を奪うことができない。
 そして後半戦が始まってすぐに,日本チームが右サイドから高く上げたボールがゴール前に流れ,それをうまく押し込んで1点を先取。後がなくなったサウジチームは果敢な攻めを見せるも,キーパーに阻まれてしまう。日本チームはこの1点を守り切り,決勝点となる2ポイントを獲得した。

画像集#007のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 最終戦の第5試合だけでも一矢報いたいサウジチームのMutawa選手&Kmansour選手だったが,日本チームのかつぴーや選手&Shiro選手は手を抜かずに攻めて,前半戦にサウジチームのゴールキックをインターセプトし,ドリブルからのシュートで1点を先制。その後の日本チームのディフェンスを崩せず,後半戦もその1点を守り切ってタイムアップとなった。

 全5戦の試合は,日本チームが4勝1敗で計6ポイントを獲得して勝利。勝利した日本チームには240万円が,敗れたサウジチームには60万円の賞金が贈られた。

画像集#008のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

 戦いを終えたかつぴーや選手は,「自分は結構仕上がっていると思っていたが,Kmansour選手のほうが仕上がっていた」と相手選手を讃える。そんなKmansour選手も,「日本チームの皆さん,おめでとうございます。次はぜひ,サウジでお目にかかりたいです」と,ホームでの再戦を約束した。

 なお来年には,今回のイベントと対になる形で,サウジアラビアでのラウンドが開催予定となっている。次回も両チームの奮闘はもちろん,eスポーツを通じて両国の交流が深まることにも期待したい。

画像集#009のサムネイル/日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND「eFootball」大会の模様をレポート。日本チームが4勝1敗でサウジを圧倒

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button