ゲームイベント 世界

F1公式ゲーム「F1 22」の精巧さは、“空虚な消費主義”まで忠実に再現していた | WIRED.jp

フォーミュラ1(F1)のマシンでアゼルバイジャンの首都バクーの街を疾走していると、この石油資源が豊富な都市のモニュメントや寺院の塔、国旗や広告が次々と色鮮やかな残像となって過ぎ去っていく。そんなとき突然、視野に“通知”が現れた。

「SCトークンが解除されました」と通知には表示されているが、それが何を意味するのかはわからない。人気のスポーツシミュレーションゲームのシリーズ最新作「F1 22」の新機能を確認しないままダウンロードしていたのだ。かれこれ十年ほど、途中で間が空きながらもこのシリーズをプレイし続けてきている。

この通知は暗号資産を連想させることから、ブロックチェーンと関連した何かだろうと思った。どれだけ追っていても、NFTの最新情報には追いつけない。

ところが実際は、「F1 Life」と呼ばれる新機能へのエントリーを通知するものだった。NFTではなく、ゲームで一定の条件をクリアするともらえたり、法定通貨で購入したりできる(もちろんアプリ内通貨「ピットコイン」に変えなければならない)昔ながらのアイテムのことだ。

最初は違和感を感じたが、よく考えると筋が通っている。F1というスポーツは常に商業的な利益を追い求めてきたので、その公式ゲームとあれば同じような発想で当然だろう。

Content

This content can also be viewed on the site it originates from.

ゲームとの関連性が低い課金アイテム

プレイヤーはたいてい、猛烈に速く運転することで、報酬としてスーパーカーのトークンをもらえる。このトークンを使うことで、自分のアバターのバーチャルショールームに飾るクルマを入手できるというわけだ。

例えば、驚くほど鮮やかなネオン色のマクラーレンやフェラーリ、アストンマーチンなど、8つのクルマから選べる。夏の夜にロンドンの中心街を疾走していたり、あるいは自撮り棒に取り付けたアクションカメラ「GoPro」を恐ろしいほど低く構えて撮影したYouTube動画で見かけたりするようなクルマだ。F1の人気ドライバーがスポンサー契約の合間に運転するようなクルマとも言える。

「F1 Life」 では、さまざまなことができる。バーチャルなガレージには、バーチャルなアパート(飾り気のない箱と言っていい)とクローゼットが付いている。そのどれもがカスタマイズ可能だ。ふかふかそうだが地味な家具や壁に飾る抽象画のアートなどを置いたり、自分そっくりのドライバーを作成してBeatsのヘッドフォンやブランドもののカジュアルな服を着せたりできる。

ファッションの組み合わせは何千通りもあるはずだが、どれもドバイへと飛び立つ暗号資産系インフルエンサーのInstagramの写真を思わせるスタイルになる。まさにF1らしい美的感覚だ。

さらに友人や見知らぬ人を仮想空間の部屋に招待して、公式アイテムやブランド品を見てもらうこともできる。実現してほしくないタイプのメタバースだ。

むだに思える少額課金や何の役にも立たないスキンといったものは、ゲームでは珍しくない。だが、たいていのゲームの課金アイテムは、これよりずっと深くゲーム体験と結びついていることが多いものだ。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button