ゲームイベント 世界

『ラブレター』 第2版発売 & 10周年記念版クラウドファンディング開始!|株式会社アークライトのプレスリリース

 
既報通り、10周年を迎えて完全リニューアルした『ラブレター 第2版』が、本日いよいよ発売を迎えます!

またこの10年、日本はもちろん、世界中でさまざまなバリエーションの『ラブレター』商品が発売されてきました。それらのバリエーションルールを集結させた『ラブレター 10周年記念版』のクラウドファンディングも同じタイミングで募集を開始します!

『ラブレター 10周年記念版』はその名の通り10周年を記念した限定販売となりますので、どうかお見逃しなく!

 

カナイセイジ氏が作り上げたミニマルなカードゲーム『ラブレター』は、いわゆる近代的なボードゲームの中で、最も成功した作品のひとつと言ってよいでしょう。
わずか16枚のカードしか使用せず、5分でプレイできるにもかかわらず、しっかりと駆け引きが楽しめる『ラブレター』。2012年の発表当時、ボードゲームはどんどん内容物が増え、システムも複雑になり、プレイ時間も長くなる傾向にありました。『ラブレター』は発表されるや、新しい刺激を求めていたプレイヤー、そしてなによりゲームデザイナーに大きな衝撃を与えました。

「こんなにシンプルで、こんなに楽しいなんて……!」

カナイセイジ氏によって生み出されたこの画期的体験は、2012年日本ボードゲーム大賞:大賞受賞、ゴールデン・ギーク賞2013:4部門受賞など、数多くの賞を受賞しました。

発売以来10年の間に28種類以上の言語で商品化され、シリーズ累計販売数は300万部を突破し、世界中で愛され続けています。

 

  • 『ラブレター 第2版』本日発売!

2022年8月発売予定とご案内しておりました『ラブレター 第2版』ですが、本日(8月4日)発売開始となります! カードのバリエーションも、対応人数も増えた新時代の『ラブレター』をぜひお買い求めください!

 

 

  • 『ラブレター 第2版』ってこんなゲーム

10周年を迎えるにあたって、さらに多くの方に遊んでいただけるよう工夫を凝らした『ラブレター第2版』を開発しました。

まずルールブックなどの文字を大きくし、読みやすいようレイアウトし直しました。パッケージやカードデザインも一新し、いままで以上におしゃれで、どんなシチュエーションでも遊びやすいデザインとなりました。

またすでに『ラブレター』を体験済みという方のためにも、遊びの幅が広がる8種類(22枚)の追加カードを封入。いずれもシンプルながら雰囲気がガラッと変わる効果ですので、経験済みの方が楽しめるのはもちろん、『第2版』で初めて『ラブレター』を遊ぶという方でも安心して楽しんでいただけます。

 

  • 『ラブレター 第2版』商品詳細

商品名:ラブレター 第2版

人数:2~5人

時間:5分

対象年齢:10歳以上

箱サイズ:100×151×35mm

価格:2,035円(税込)

発売:8月4日(木)

ゲームデザイン:カナイセイジ(カナイ製作所)

イラスト:杉浦のぼる

発売元:株式会社アークライト

▼内容物

・ゲームカード:38枚(基本カード:16枚、拡張カード:22枚)

・ルールカード:4枚

・一覧カード:10枚

・トークン:12個

・羽ペンタイル:1枚

・遊び方説明書:1枚

・カード効果解説&キャラクター紹介:1枚

[カードサイズ:63mm×88mm]

▼版権表記

©2014, 2022 Arclight,Inc.

©2014, 2022 カナイ製作所

 

  • 『ラブレター 10周年記念版』本日Kickstarterで募集開始!

これまで「秋発売予定」「クラウドファンディングで支援者を募集」とだけのアナウンスでしたが、『ラブレター 第2版』の発売日に合わせ、本日(8月4日)からKickstarterにて募集を開始します!


▼クラウドファンディング支援ページURL

https://www.kickstarter.com/projects/loveletter10th/1499481339

 

▲重厚感ある両A面仕様▲重厚感ある両A面仕様

▲手札は基本的には1枚。手番が回ってきたら山札から1枚引いて、2枚になった手札から1枚を出す。▲手札は基本的には1枚。手番が回ってきたら山札から1枚引いて、2枚になった手札から1枚を出す。

 

  • 『ラブレター 10周年記念版』ってこんなゲーム

世界中で愛されている『ラブレター』ですが、10年の間に世界中でさまざまなバリエーションが作られてきました。
日本で発売された『ラブクラフト・レター』や『おそ松さん LOVE LETTER BOARD GAME』『ダンガンロンパ 絶望のラブレター』といった商品のほか、『Card Game 宝⽯の国』や『とんがり帽子の魔法試験』『ラブレター・フロム・ヨザクラ』など、それぞれ⼈気コミックである『宝⽯の国』『とんがり帽子のアトリエ』『夜桜四重奏』の単⾏本の限定版に付属したもの。
またバットマンのキャラクターが登場する『Batman – Capture the inmates of Arkham Asylum』、STARWARSの世界観に浸れる『スターウォーズ:秘密の侵攻』、最大8人まで遊べる『Love Letter Premium Edition』など、海外でのみ発売され、日本では入手しづらい商品もたくさん存在します。

 

▲ゲームマーケット2021秋にて展示された、各国の『ラブレター』たち▲ゲームマーケット2021秋にて展示された、各国の『ラブレター』たち

『ラブレター 10周年記念版』は、いまでは入手しづらい物も少なくないこれらのバリエーションのうち、基本ルールと主要な16のバリエーションルールが楽しめる、「10周年記念版」の名にふさわしいスペシャルなパッケージとなります!

この10周年記念版がスペシャルな理由が、もうひとつあります。

上記のように、さまざまなバリエーションが発売されている『ラブレター』ですが、当然ながらそれぞれの作品モチーフ、バックグラウンドはまちまちです。

そこで今回の10周年記念版のために、オリジナル版のイラストを手掛けた杉浦のぼる氏が多くのイラストを描き下し、カナイセイジ氏が16のバリエーションすべてに、オリジナル版と統一された世界観の背景ストーリーを用意しました!

「兵士」や「道化」に「姫」といった、『ラブレター』ではお馴染みのキャラクターたちの中に、「老兵」「詩人」「女官」「巫女」「妖精」「魔神」「農夫」「忍者」といった、名前を聞くだけで胸躍るキャラクターたちが100枚近く加わるのです!

各バリエーションは、「町娘の秘密」(元セット『ホビット:五軍の戦い』)、「不思議な隣人」(元セット『Love Letter ―恋文―』)、「女官長のお眼鏡」(元セット『ゲームセンターCX 有野課長のラブレター』)、といった形で再構築されてまとめられており、基本セットのカードと差し替えることでそれぞれのバリエーションを楽しむことができます。

世界観が統一されているので、「Aのバリエーションルールに、Bのバリエーションのカードを追加して遊んでみよう」といったアレンジも容易で、文字通り無限の楽しみ方が可能と言えるでしょう!

この素晴らしい10周年記念版は、限定販売となります。ぜひお見逃しなく、ご入手ください!

 

※『ラブレター 10周年記念版』の詳細は、支援ページをご確認ください。
 

  • 『ラブレター 10周年記念版』商品詳細

商品名:ラブレター 10周年記念版

人数:2~8人

時間:5~20分

対象年齢:10歳以上

箱サイズ:275×190×67mm

支援期間:8月4日(木)~18日(木)

ゲームデザイン:カナイセイジ(カナイ製作所)

イラスト:杉浦のぼる

発売元:株式会社アークライト

▼内容物

・ゲームカード:121枚

・プレイヤーカード:21枚

・イベントカード:27枚

・昼夜表示カード:1枚

・昼夜判定カード:3枚

・手紙/エリート推薦トークン:25個

・羽ペントークン:1個

・遊び方説明書:1冊

・リファレンスシート(両面):1枚

[カードサイズ:63mm×88mm]

▼版権表記

©2014, 2022 Arclight,Inc.

©2014, 2022 カナイ製作所

 

  • ラブレター特設ページも随時更新中!

特設ページ『ラブレター10周年記念プロジェクト』にて、世界からいただいたお祝いのコメントを公開しております。
他にも、ラブレター10周年の「ヒストリー」やカナイセイジ氏からのコメントも掲載しています。
2023年春発売予定の『ラブレター・ストーリーズ(仮)』の最新情報を含め、『ラブレター』に関するさまざまな情報を随時更新致しますので、お見逃しなく!
 

ラブレター10周年記念プロジェクト
https://arclightgames.jp/specialcontents/loveletter10th/
アークライトゲームズ公式サイト
https://arclightgames.jp
『ラブレター 第2版』商品HP
https://arclightgames.jp/product/246loveletter/
クラウドファンディング支援ページURL
https://www.kickstarter.com/projects/loveletter10th/1499481339
 

  • 株式会社アークライトとは

ゲームの開発会社として1998年に設立。アナログゲームの企画、開発、製造、出版、卸売り、イベント運営、店舗経営などを行うアナログゲームの総合メーカーとして多方面に事業を展開。毎月、新作ボードゲームを発表しています。
日本最大級のボードゲームイベント「ゲームマーケット」の運営も行っており、ゲームを通して世界のヒューマンコミュニケーションの拡大を目指しています。

 

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button