ゲームイベント 世界

Sound ARTを体感!小室哲哉や寺田てら、popman3580など個性豊かなクリエイターが生み出すSound ARTの体感イベント開催!東京タワーの新施設「RED°TOKYO TOWER」にて|Dao Chain Investment Management Limitedのプレスリリース

光と音の波が生み出すSound ARTプロジェクト「FLUcTUS(フラクタス)」よりSound ARTのオークションを行います。クリエイターは、サウンドに⽇本の⾳楽史を切り拓いた⾳楽家・⾳楽プロデューサー⼩室哲哉、グラフィックにパリを中⼼に活躍する Victor KaitoやCedric Rolando、イラストレーションには九島優・撃鉄・寺⽥てら・popman3580。光と⾳に溢れるクリエイターのコラボレーションによって、全5作品のSound ARTが誕生します。

オークションは、NFT プラットフォーム「OVO(https://www.ovo.space)」にて、6月25日(土)〜6月29日(水)にかけて5作品を5日間連続で実施。詳細は後日「Sound ART Project FLUcTUS」特設サイト(https://www.fluctusart.com/)にて公開予定です。

そして、初のSound ARTオークションを記念して、Sound ARTの“体感”イベント「Sound ART Project FLUcTUS -SYMBOL-」を、6月26日(日)16時~21時、今話題の異次元のエンタメ空間「RED°TOKYO TOWER」で開催します。

「リアル×デジタル」最先端XR技術を遊びつくせるRED TOKYO TOWERの最上階、「RED°TOKYO TOWER SKY STADIUM(レッド トーキョータワー スカイ スタジアム)」に設置された巨大4面LEDディスプレイと360立体音響システム(102チャンネルの3D SOUNDS)による大迫力の空間で、「Sound ART Project FLUcTUS」のSound ART NFTを“体感”いただけます。

フロアでは、NFT初心者向けにNFTや購入方法のレクチャーなどQ&Aブースも設置し、その場で作品購入のサポートも可能です(オークションのほか、限定数展開されるNFTについても後日特設サイトにて詳細を発表)。

そして、16:00~16:30の冒頭30分は、事前応募者だけが入場可能な「プレミアステージ」。小室哲哉・Victor Kaito・寺田てら・popman3580など参加クリエイターが登壇するトークショーを行います。参加ご希望の方は特設サイト(https://www.fluctusart.com)よりご応募いただけます(締切は6/17 金23:59)。

デジタルの波が⽣⾝の体に波を呼び起こす、⼼の波は感動に、体の波は興奮や⼼拍数の上昇となって⼈から⼈へと伝播する。FLUcTUSの世界をどうぞ“体感”ください。

「Sound ART Project FLUcTUS -SYMBOL-」概要

特設サイト:https://www.fluctusart.com

<イベント>

◎イベント内容

・巨大4面LEDディスプレイと360立体音響システムで「Sound ART Project FLUcTUS」より5作品のSound ARTを“体感”

・参加クリエイターが登場するプレミアステージ

・NFTや購入方法のレクチャーなどQ&Aのためのサポートブース

※クリエイターが登場するのはプレミアステージのみになります

◎日時

6月26日(日)16時~21時

※16:00~16:30のクリエイターが登場するプレミアステージは事前抽選の当選者に限ります

◎会場

RED TOKYO TOWER SKY STADIUM(レッド トーキョータワー スタジアム)

※東京タワー内RED TOKYO TOWER 5階

https://tokyotower.red-brand.jp

◎料金

RED TOKYO TOWERの入場料が必要です

詳細はhttps://tokyotower.red-brand.jp/tickets/

◎プレミアステージ申し込み

・特設サイトより応募受付中 https://www.fluctusart.com

・締め切り6月17日(金)23時59分まで

・応募者多数の場合は抽選になります

◎プレミアステージの配信

特設サイトで後日発表いたします

◎RED TOKYO TOWERについて

「RED°」ブランドのメインプラットフォームとして、TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワー内に日本最大規模となるesportsパークを2022年4月20日(水)にグランドオープン。

最新のゲームタイトルをプレイしたり、世界最先端のXR技術を搭載したスタジアムで大会やイベントを楽しんだりと、あらゆる場面で遊びを詰めこんだ「異次元のエンタメ体験」を提供する空間を追求。esportsが国民的カルチャーへと進化する、その最前線の舞台となることを目指しています。

公式サイト:https://tokyotower.red-brand.jp/

<NFT展開>

◎展開方法

オークション

・作品数:全5作品(各1点限り)

・参加クリエイター:小室哲哉、Cedric Rolando、Victor Kaito、九島優、撃鉄、寺田てら、popman3580

※その他詳細は特設サイトにて後日発表

限定数展開

特設サイトにて後日発表

◎NFTプラットフォーム

OVO(ovo.space) https://www.ovo.space

イーサリアム、BSC、Flowおよびその他のマルチチェーンに対応するAR拡張現実技術を融合した、デジタル著作権認証及び取引が可能なNFTプラットフォーム。

PROJECT

「Sound ART Project FLUcTUS 」


「fluctus=波」をコンセプトに 光と⾳の波の融合が⽣み出す Sound ART プロジェクト。

NFTをはじめ様々な作品が生まれ広がる。イラストやダンス、VJ の演出など⽬で楽しむと同時に、サウンドや歌、DJ の編曲を⽿で体で楽しむことで、体と⼼、魂が⼀体となって躍動する。デジタルの波は時空を伝わり⽣⾝の体に波を呼び起こし、“リアル”の認識に変⾰を起こしてゆく。⼼の波は感動に、体の波は興奮や⼼拍数の上昇となって⼈から⼈へと伝播する。波が波を呼び時代のうねりへと変わりゆく。

始動イベントのテーマは「シンボル」。NFTの出現をはじめ再びの革命期を迎えたデジタル技術。これら技術の発展がより良い世界への確かな一歩:「シンボル」として、より良くなった世界において語られることを祈って。

本プロジェクトから生み出されるNFTをはじめとする作品の数々は、オリジナルコンテンツや人気チェーン・タイトルとの提携によって世界的に注目を集めるNFTプラットフォーム「OVO(オーヴォ)」などにて展開します。

CREATORS

TETSUYA KOMURO / Sound


COMMENT ON THIS PROJECT

音楽は触発や刺激を受ければ受けるほど、過激にも、荘厳にも妖艶にもなります。視覚からの要素は最も影響を受けますし、現代の潮流であることは間違いないです。

PROFILE

小室哲哉。1958年11月27日東京都生まれ。音楽家。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、ミキシングエンジニア、DJ。1984年に音楽ユニット「TM NETWORK」としてデビュー以来、常に最新のテクノロジーを駆使して音楽を制作し続け、作曲家としても膨大なヒット曲を世に送り出してきた音楽家。93年に「trf」を手がけたことがきっかけで、一気にプロデューサーとしてブレイクした。以後、幅広いアーティストに楽曲を提供している。2021年、TM NETWORKを6年ぶりに再起動。

Twitter:https://twitter.com/tetsuyakomurotk

Instagram:https://www.instagram.com/tk19581127_official/

TETSUYA KOMURO STUDIO:https://fanicon.net/fancommunities/3914

Victor Kaito / Graphic

COMMENT ON THIS PROJECT

僕のカリグラフィーに、日本の墨絵とパリのストリートアートのエスプリを込めて描きました。日本とフランスを繋いで、素晴らしい音楽と共に、それぞれの新しいカルチャーが融合して、平和的に皆さまのハートに届くことを願っています。

PROFILE

 

ラフィックアーティスト。日本の伝統的な文様や絵画を独自の感性で表現し、主にフランスパリでアート活動をはじめる。スニーカーをキャンバスとして現代風に表現することを得意とし、2018年西武百貨店渋谷「スニーカーセレクト50」出品、2019年セーヌ川ストリートアート展「Fluctuart, centre d’art urbain」にパフォーマーとして出演、Ground
「パリで流行に敏感な人達がいち早く次のトレンド情報やアイディアを交換する場所」参加、さらには有名ミュージシャンの舞台衣装を手がけるなどスニーカーアートを通じて活躍の幅を広げている。

Cedric Rolando / Graphic

PROFILE

デジタルアーティスト。自分のデジタル創作技術の粋を集め て、感情や記憶を結晶化させ、共有したいと考えている。イン タラクティブでリアルタイムの Web3D、3D スキャン、VR、 ペインティング、スカルプティング、そしてノードを用いたコ ードなどを使用。

九島優 / Illustration

COMMENT ON THIS PROJECT

このプロジェクトに込められているであろうポジティブさをイラストにしました。完成形が楽しみです。

PROFILE

 

https://twitter.com/ISLAND__9
1991 年生まれ。静岡県出身。主にアクリルガッシュ、ミリペン、 マスキングテープなどアナログ画材を使用し、白と黑を基調と したグラフィック制作を行う。アブストラクト表現をメインと しつつ、キャラクターイラストを掛け合わせた作品も発表して いる。2021 年 2 月に個展「IMIOUM」を開催。また、 『ILLUSTRATION2020』『VISIONS 2021』への掲載や、書籍 への装画提供などを行う。

撃鉄 / Illustration

COMMENT ON THIS PROJECT

他の人の最高と自分の最高がコラボできるともっと最高になるんだろうなと思います

そういう掛け算が今後普通になっていくような気がして楽しみです

PROFILE

https://twitter.com/GekitetZ077
主にゲームイラストを中心に活躍。ストリートなキャラクター デザインを得意とし、アメコミ風のタッチで、キャッチーかつ クールなイラストを描く。ファッションをイラストの力で発信 する「萌装東京」では、力強いオリジナルキャラクターと様々 な実在のスニーカーを描き、イラストレーター兼キャラクター モデラーとして活躍。テクスチャの質感や靴紐の交差、ステッ チの走りなど細かに描きこまれたリアルな描写は、特徴的なキ ャラクターのインパクトと相俟って圧巻。

popman3580 / Illustration

COMMENT ON THIS PROJECT

SNS を見ていると毎日とんでもない数の素敵で多様なアートが生み出されてるなと感じます。 サウンドとビジュアルのシームレスなアート作品にも進化が見られ、まだまだ楽しみながら 学べることに心躍らせてます。

PROFILE

 

https://twitter.com/popman3580
大阪芸術大学デザイン学科卒。書籍イラスト、キャラクターデ ザイン、ファションブランドコラボなど幅広く活躍。 おしゃれな衣装デザインと、指先までイキイキとしたポージン グでキュートな女の子を描く。

2020 年 1月には初の個展「Charm」を恵比寿で開催。同年 5 月 より霜降り明星・粗品さんのオリジナル楽曲動画のイラストを 担当。2021 年個展「S」を開催し、同年 12 月には初画集 『CITRUS popman3580 アートワークス&スケッチ』を刊行するなど人気を集めている。

寺田てら / Illustration

COMMENT ON THIS PROJECT

素敵な企画にイラストを添えさせて頂くことになり大変嬉しく存じます!

 PROFILE

https://twitter.com/trcoot
多くの企業とコラボグッズ・アパレルを展開。Ground Y×ILLUSTRATORS “CENTRAL” COLLECTION への参加や、 音楽アーティストの MV・アートワーク「チューリングラブ /ナ ナヲアカリ feat.sou」や「阿修羅ちゃん/Ado」など幅広い分野の イラストを手がける。 現在はツイッターにて「ジャンクモール」を連載中。

COJIRASE LUNCH BOX / Illustration Management

COJIRASE LUNCH BOX(コジラセランチボックス)
ゲーム、アニメ、アイドルなどサブカル関連のクリエイテ ィブを手がけてきた“こじらせ”系クリエイターが結成した企 画・制作ユニット。ゲームのアートディレクション、アイ ドルを起用した WebCM、イラスト展等のイベントなど幅広 く手がける。

ニーズや課題から発想し、こじらせた知識と世の中の芯を捉える洞察力を掛け合わせ、今ま でありそうでなかった新たな「こじらせ」コンテンツを生み出す。

GESTART / Project Direction

 

GESTART(ゲシュタルト)
ART・FASHION を中心に独自の世界観・空間をコンセプトか ら一貫してデザイン/プロデュースするアーティストファミリ ー。

NFT プラットフォーム

OVO

OVO(ovo.space)は、Dao Chain が開発したデジタル著作権認証及び取引プラットフォーム。イーサリアム、BSC、Flow およびその他のマルチチェーンに対応する AR 拡張現実技術を融合した NFT プラットフォームとして、独自に構築した DCIM(版権二重確 認システム)を基に、IP コンテンツに対応した NFT 発行、取引、フィンテック(FinTech)サ ービスを提供している。

2021 年には「にゃっちーず NFT ガチャ」や「グラビアアイドル NFT ポートレート」がリリー スされ完売したほか、今年 1 月 28 日に OVO にて行われたオークションでは、出品された OVO オリジナル NFT が 27.7 万ドル(約 3200 万円)で落札されるなど、注目を集めている。 さらには、新コンテンツのリリースに加えて、Flow パブリックチェーンをはじめ、 MatrixWorld や Yooshi などメタバースプロジェクト、NFTb、Babylons、Tofu など人気 NFT プラットフォームとの提携によって、コンテンツ強化・マーケット拡大に努めている。今後は メタバースで NFT ART の展開も予定しており、ますます領域を広げている。 ※Flow:『CryptoKitties』や『NBA Top Shot』を手掛けた DapperLabs が開発したレイヤー1 ブロックチェーン

 

 


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button