ゲームイベント 世界

「HUNTER×HUNTER」冨樫義博が愛される理由 世界で「神」と敬われ: J-CAST トレンド【全文表示】

   マンガ「HUNTER×HUNTER」作者の冨樫義博さんが公式ツイッターアカウントを開設し、10日あまり。2022年5月24日から、きょう6月4日まで欠かさず毎日、ネームの一部とみられる写真を投じ続けている。フォロワーは259万人を超えた。

   ツイートすれば数十万の「いいね」が集まり、国内外から歓喜のリプライが届く。冨樫さんの一挙手一投足がなぜここまで注目され、好意的に受け止められるのか。蔵書1万3000冊を誇る「マンガソムリエ」の兎来栄寿(とらいえいす)さんに分析してもらった。

  • 「HUNTER×HUNTER」冨樫義博さんが愛されるワケとは(画像はイメージ)

    「HUNTER×HUNTER」冨樫義博さんが愛されるワケとは(画像はイメージ)

  • 「HUNTER×HUNTER」冨樫義博さんが愛されるワケとは(画像はイメージ)

偉業成し遂げた「たった5人」のマンガ家のひとり

   (1)冨樫さん自身がマンガ界の「トップオブトップ」であり、(2)冨樫作品が「代替のきかない稀有な存在」であること。兎来さんに言わせれば、これら2つが「好意的な受け止め」につながっている。

   兎来さんは、「HUNTER×HUNTER」連載開始から20年以上、リアルタイムで追いかけ続け、マンガ家・みなもと太郎(享年74)さんと同作にまつわるトークイベントを行うなど、一家言持っている人物だ。まず、何をもって(1)「トップオブトップ」といえるのか。

   「実はマンガ史上、累計発行部数5000万部以上の大ヒット作を2本以上生み出したのは、冨樫さん含めたった5人しかいないんです」(兎来さん)

   残る4人は、手塚治虫さん、あだち充さん、井上雄彦さん、高橋留美子さん。冨樫さんの大ヒット作と言えば、「幽☆遊☆白書」(連載:週刊少年ジャンプ/1990~1994年)、「HUNTER×HUNTER」(連載:同/98年開始、休載中)で、幅広い世代に支持されている。

   さらに今回、ツイッターでも記録を打ち立てた。これまで、マンガ家・作家のフォロワー数トップ3は、

   1位:堀越耕平さん(「僕のヒーローアカデミア」/216万人)

   2位:真島ヒロさん(「FAIRYTALE」/179万人)

   3位:石田スイさん(「東京喰種」/136万人)

   だったが、アカウント開設から一週間足らずで首位に。今や、「京都府の人口(255万人)を抜いてしまいました」と兎来さん。

   さらに、冨樫さんのツイートに、様々な言語で世界中から「神よ、我々の大いなる光よ……」といったリプライが寄せられていることを踏まえ、

「私の肌感覚でも、『HUNTER×HUNTER』の(ツイッター)アイコンを使っている海外の方に出会う機会は一際多い」

と述べた。同作には、「勧善懲悪を超えた深みのある物語とキャラクター群、そして考察のしがいがあり過ぎる綿密な設定」があるため、熱狂的なファンを生みやすいことが理由ではないか、と指摘する。

本当は「もう働く必要ない」のに

   このように、冨樫作品は多くの人にとって「代替のきかない稀有な存在」となっているようだ。

   兎来さんは、「挙げればキリがない」と前置きしつつ、冨樫さんの長所を「卓抜したネーム力・画面構成、テンポの良さ、セリフのセンス、美麗な絵やその見せ方の巧さ」と説明する。さらに、現在執筆中の「HUNTER×HUNTER」王位継承戦編にしても、

「100名以上のキャラクターが、個別の動機を抱えながら同時多発的に複雑に絡まり合って、重厚なドラマを生み出すという離れ業」

をやってのけており、年間に数千作を読んでいる兎来さんをして「こんな大変な作劇を行っている作品は、あらゆるジャンルを見渡してもほぼない」と言わしめる。

   冨樫さん本人のマンガ家としての実績や実力、作品の面白さが、ツイッターアカウント開設に端を発する一連の出来事を、多くの人に「好ましい」と感じさせている図式が見えた。

   なお兎来さんによると、公式に数字は出されていないそうだが、「単行本の印税だけで約60億円の収入」があり、そこに原稿料・アニメや映画、舞台、ゲームなどの版権利用料・関連グッズの売上などの権利収入を加えると、「少なく見積もっても、合計100億円以上の生涯収入がある」。言うなれば冨樫さんは、

「人生を7回以上遊んで暮らすのに十分な収入を得ており、もう働く必要もないにも関わらず、続きを待つ読者のために身を粉にして執筆している」

状況だそうだ。「HUNTER×HUNTER」作中に登場する「ハンターのライセンス」を売却すると、「人生7回以上遊んで暮らせる」設定を踏まえての表現だが、「実際には7回どころか、数十回は遊んで暮らせるものと思われる」と兎来さん。

   さらに、冨樫さんの元アシスタントによる著書「先生白書」での記述や、創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展」の際に冨樫さんのコメントで明かされた、「週7で毎日20時間働いても税金で70%持っていかれるので、実質14時間はタダ働き」という、過酷な労働環境を慮る人が増えてきたのでは、ともみている。

   (2022年6月5日18時15分追記)兎来栄寿様より、確認不足による誤りがあると申し出を受けたため、一部内容を修正しました。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button