ゲームイベント 世界

Switch/Steam用「モンスターファーム1&2 DX」発売直前! 高速モードや育成記録など遊びやすくなる新要素を紹介 – GAME Watch

 コーエーテクモゲームスは12月9日にNintendo Swich/PC(Steam)用育成シミュレーションゲーム「モンスターファーム1&2 DX」と限定版「モンスターファーム1&2 DX 世界に1つだけの25周年記念BOX」を発売する。

 「モンスターファーム1&2 DX」は、プレイステーションで「モンスターファーム」が発売されてから25周年を記念したタイトル。2019年より移植版として順次配信されたNintendo Switch/Android/iOS用「モンスターファーム」と「モンスターファーム2」がセットになり、「海外版モンスター」や育成記録といった新要素が追加されている。また、PCユーザーにとっては待望となるSteam版も発売される。

 さらに、モッチーのメタルフィギュアやサントラCDなどの「モンスターファーム」グッズが収録された25周年記念BOXも発売される。

 1997年(平成9年)の発売から25年。時代は平成から令和へと変わり、新たなゲーム機も続々と発売されるなか、昔の姿をほぼそのままに「モンスターファーム」シリーズを遊ぶことができるというのはかなり感慨深いものがある。

 今回は、本作から追加された新要素と、限定版「モンスターファーム1&2 DX 世界に1つだけの25周年記念BOX」の中身を一足先に体験することができたので、併せて紹介したい。

【「藤田課長」プレゼンツ:「モンスターファーム」25周年記念サプライズ動画】

7つの新要素でさらに楽しく遊びやすくなる!!

 「モンスターファーム1&2 DX」では、前回の移植版からさらに7つの新要素が追加された。

 まず1つ目に、両作品ともに冬眠させることのできるモンスターの数が10体から20体へと増加した。枠が倍になったことで育てたモンスター、これから育てたいモンスターをより多く保存しておくことができるようになった。単純にとても嬉しい追加要素だ。

倍に増えたので気になっているモンスターはとりあえず冬眠させておける

 2つ目に、セーブデータの枠も倍へと増加した。移植版では有料個別販売となっていたが、今回は最初からすべての枠が解放されている。

セーブデータの枠も7枠から14枠に増加

 3つ目に育成記録が見られるようになった。直近8週間でモンスターにどんなことがあったのか確認できるようになっているので、ゲームを再開したときにチェックし、前回までどんな風に育成したのか確認しながら、今後の育成計画を立てることもできる。

どんなトレーニングをしたか直近8週間分確認できる

 4つ目は「モンスターファーム2」のみになるが、当時のサウンドでプレイすることができる「原作サウンド」が追加された。移植版の時はそんなに気にならなかったが、改めて原作サウンドを聞いて、当時の遊んでいた記憶も甦ってさらに懐かしい気持ちになった。

切り替えた瞬間懐かしさが倍増した

 5つ目も「モンスターファーム2」のみになるが、「海外版モンスター」が追加された。今回のプレイでは出てきてはくれなかったが、「Forward golem(ゴーレム種)」、「Boxar bajarl(バジャール種)」、「Kung-Fu-Hare(ハム種)」、「Satan Clause(ラッキー種)」、「Ninja Kato(アーケロ種)」、「Shishi(バクー種)」の6体が追加。和名がどうなっているのかもとても気になるので、いつかは手に入れたい6体だ。

 6つ目はランダム対戦ランキング機能の追加だ。オンラインでランダムに選ばれた相手と対戦できるランダム対戦において、対戦結果のランキングが表示される。ランキング上位を目指して、モンスターの育成に力が入る機能追加となっている。

 7つ目は演出高速モードの導入だ。メニューからこのモードに切り替えると、常に2倍ほどの速度でゲームが進むようになる。通常時のゆったりとした時間の流れも良かったが、どんどんモンスターを育てていきたい熟練ブリーダーや、さくっと遊びたい方、遊べる時間が限られている方にかなり嬉しい機能となっている。

演出高速モードは「モンスターファーム」、「モンスターファーム2」どちらも変更可能だ

 これらの追加要素のうち、「海外版モンスター6体追加」、「原作オリジナルサウンド追加」、「高速動作モード追加」がNintendo Switch/Android/iOS用ですでに配信された移植版「モンスターファーム2」で有料アップデートとして980円(税込み)で、また配信版「モンスターファーム」、「モンスターファーム2」両作品で無料アップデートとして「DX版モンスター甲子園参加機能追加」と「DX版フリー対戦参加機能追加」が今冬配信予定となっている。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button