ゲームイベント 世界

『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』第29回グラクロ情報局~2.5周年覚醒祭直前生放送~11月25日実施のイベント情報を初公開!|ネットマーブルのプレスリリース

◆グラクロの最新情報をお届けする公式番組「「第29回グラクロ情報局 ~2.5周年覚醒祭直前生放送~」―11/24(水)20:00より生放送!
 近日実施予定のアップデート情報をいち早くお届けする公式番組「第29回グラクロ情報局 ~2.5周年覚醒祭直前生放送~」を、11月24日(水)20:00より放送いたします。
 今回は、MCにOooDaさん、アシスタントに小島みゆさん、ゲストにゴウセル役の髙木裕平さん、『グラクロ』実況動画で人気のドラちゃんさんとぼっティーさん、そして特別ゲストにメリオダス・ゼルドリス役の梶裕貴さんが出演いたします。気になる最新情報を交えながらグラクロの魅力をご紹介いたしますので、どうぞお見逃しなく!

< 「第29回グラクロ情報局 ~2.5周年覚醒祭直前生放送~」 概要 >

■番組タイトル

 第29回グラクロ情報局 ~2.5周年覚醒祭直前生放送~

■配信日時

 2021年11月24日(水)20:00 ~(予定)

■番組内容

 最新アップデート情報を紹介。本番組でしか聞けないお得な情報をお届けいたします。

 ※都合により急遽番組内容を変更する場合がございます。

■公式Twitterフォロー&リツイートキャンペーン

 公式Twitterにて投稿する本番組のツイートを、11月25日(木)23:59までにリツイートしていただいた方の中から抽選で1名様に「ホークの特大ぬいぐるみ」を、7名様にストアカード1万円分をプレゼントいたします。当選された方には後日、『七つの大罪~光と闇の交戦~』公式Twitterアカウントよりダイレクトメッセージをお送りいたしますので、公式アカウントをフォローしてからご参加ください。

 また、同番組のキャンペーン対象の放送ツイートが10,000リツイートを突破すると、全ユーザーにダイヤ5個をプレゼントいたします。

▼ホークの特大ぬいぐるみイメージ

 ■配信先
・YouTube Live:https://www.youtube.com/watch?v=qH7abd2ycDQ
・Twitter Live:https://twitter.com/7taizai_grandx(公式Twitter)

■出演者(敬称略)

  
(写真上段左から)OooDa、小島みゆ、梶裕貴
(写真下段左から)髙木裕平、ドラちゃん、ぼっティー

◆『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』とは◆

 『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』は、鈴木央氏原作のコミックを映像化した大人気TVアニメ『七つの大罪』の世界をスマートフォンで体験できるシネマティックアドベンチャーRPGです。ゲームタイトルに使用している「グランドクロス(交戦)」とは、〈七つの大罪〉と闇の勢力間の巨大な戦いの前兆を暗示しており、TVアニメ『七つの大罪』の世界観を徹底的に再現した作品となっております。

◆『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』について◆

[ タイトル ] 七つの大罪 ~光と闇の交戦~

[ ジャンル ] シネマティックアドベンチャーRPG

[ 提供元 ] Netmarble Corp.

[ 開発元 ] Netmarble F&C Inc.

[ 対応OS ]iOS / Android

[ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり)

[ サービス開始日 ] 2019年6月4日

・Store URL

【App Store】

 https://itunes.apple.com/jp/app/id1268959718

【Google Play】

 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.netmarble.nanatsunotaizai

・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 公式サイト

 https://7taizai.netmarble.jp

・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 公式Twitter

 https://twitter.com/7taizai_GrandX

・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 プロモーションムービー

 

 

◆Netmarble Corp.(ネットマーブル)について◆
 2000年に韓国で設立されたネットマーブルは、『セブンナイツ2』、『二ノ国:Cross Worlds』、『マーベル・フューチャーレボリューション』、『リネージュ2 レボリューション』、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』、『ブレイドアンドソウル レボリューション』、『マーベル・フューチャーファイト』などの革新的な作品で、モバイルゲーム体験の限界を押し広げているトップデベロッパー兼パブリッシャーです。
 KabamとSpinX Gamesの親会社であり、Jam CityとHYBE(旧Big Hit Entertainment)の主要株主であるネットマーブルは、その強力なフランチャイズと世界中のIPホルダーとのコラボレーションに基づいた様々なモバイルゲームで、世界中の観客を楽しませることに努めています。詳細については、 https://company.netmarble.com/en をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 https://www.netmarble.co.jp をご覧ください。

 情報の掲載及び画像掲載の際は、下記の全てのコピーライトの表示をお願いいたします。

(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS

(c) 鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会

(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京

(c) Netmarble Corp. & Netmarble F&C Inc. All Rights Reserved.

もしくは、下記のコピーライトを記載ください。

(c)NS,K/TSDSRP,M (c)NS,K/TSDSMP (c)NS,K/TSDSIWGP,TX

(c)Netmarble Corp. & Netmarble F&C Inc.

※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。Google Play、Android、YouTubeはGoogle LLCの商標または登録商標です。TwitterはTwitter,Inc.の商標または登録商標です。記載されている会社名・製品及びサービス名は、各社の商標または登録商標です。

———————————————————-

◆TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」について◆

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった古の物語。

リュドシエル率いる〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族による聖戦は、ブリタニア全土を巻き込み激化。

3つの戒禁を取り込んだエスタロッサは暴走し、エリザベスを連れ去った。

キング、ゴウセル、ホーク、そしてサリエルとタルミエルはその後を追い、天空演舞場跡へとたどり着く。

一方、キャメロット城では、新たなる魔神王になると決めたメリオダスが、

暗黒領域の繭の中で着々と戒禁を取り込み続けていた。

メリオダスの魂を救うために自ら煉獄へと身を投じたバンは、常人では決して生きられない瘴気の中を彷徨う。

明かされるエスタロッサの正体。

決壊するゴウセルの禁呪。

数多に絡み合う思惑の行く先は。

真の敵は誰なのか。討つべき者は何なのか。

“永遠の生と永劫の輪廻”という運命に抗い、3,000年の旅を続けてきた、メリオダスとエリザベス。二人の旅路は、どのような結末を迎えるのか———————。

■「七つの大罪 憤怒の審判」アニメ公式サイトURL

 https://www.7-taizai.net/

(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

———————————————————-

 


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button