ゲームイベント 世界

Netflix「浅草キッド」はイカゲーム!? 大泉、劇団ひとりが“笑撃”発言 – AV Watch

「Netflix Festival Japan 2021」ライブアクションDayに登場した俳優・監督陣

Netflixは11月10日、2021年秋以降に配信する日本発の映画やドラマシリーズと、海外の実写作品を一挙に発表する「Netflix Festival Japan 2021」のライブアクションDayを開催し、「浅草キッド」に出演する大泉洋や柳楽優弥、「新聞記者」の米倉涼子、綾野剛など俳優陣が登壇し、作品の魅力を語った。

「Netflix Festival Japan 2021」は2日間に渡って開催されており、初日の「アニメDay」では、「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」の配信日や、「TIGER&BUNNY 2」「ULTRAMAN」シーズン2の最新情報などが発表された。

イベントのMCはジョン・カビラ(左)とトラウデン直美(右)が務めた

またイベントに先立って、9日に公開された新作ラインナップ映像のなかで、実写版「幽☆遊☆白書」の配信時期が2023年12月と明かされたほか、「機動戦士ガンダム」実写映画のコンセプトアートなども公開されている。

『レッド・ノーティス』スペシャル・インタビュー – Netflix

イベント2日目は、10日朝に発表された実写版「ONE PIECE」キャスト陣の自撮りコメントで開幕。続いて、ドゥエイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズの豪華俳優陣共演が話題の「レッド・ノーティス」(11月12日全世界独占配信)から、ジョンソンとローソン・マーシャル・サーバー監督、「ブルーズド ~打ちのめされても~」(11月24日全世界独占配信)のハル・ベリーなど、海外作品のキャスト・スタッフからのメッセージが上映された。

その後は、国内作品のトークセッションに。まずは12月9日から全世界独占配信される「浅草キッド」から大泉洋と柳楽優弥、監督・脚本を務めた劇団ひとりが登壇した。

大泉洋、浅草キッドをきっかけに「僕の人生も変わるかなと思うんですけど……」

「浅草キッド」に出演した柳楽優弥(左)と大泉洋(中央)。監督の劇団ひとり(右)

イベントの様子はインターネットを通じて、同時通訳されながら全世界に配信されているとあって、大泉は「ハロー」と挨拶。続いて柳楽、劇団ひとり監督も外国語で挨拶してみせると、ひとり監督は「ビッグボスと呼んでくれ」と、さらにユーモアを交えてみせた。

Netflixシリーズ「浅草キッド」
2021年12月9日(木)Netflixにて全世界独占配信

本作を制作した経緯について、ひとり監督は「過去に2作、小説を書いてきましたが、根底には『浅草キッド』の世界観が好きというのがありました。1作目の映画を撮り終えた時、次に何を撮りたいかを考えていたんですけど、どうしても『浅草キッド』が頭に入ってきちゃう。だから、『浅草キッド』を撮らないと、次の作品を作れないと思って、脚本を書いていろいろなところに持ち込みました。それが7年前の話ですから、時間かかりましたね」と明かす。

ビートたけし氏にも「当然、映画化したいというタイミングで了承を得て、仕事で会うたびに当時の話を聞いたり、この映画のために時間を割いていただいてインタビューもさせていただきました」という。

たけし氏の師匠、深見千三郎役を演じた大泉は、「(深見千三郎氏のことは)僕も存じ上げなかったので、残っている資料を頂いたり、監督がたけしさんから直にお話をたくさん聞いていらしたので、それも聞いて役作りしました」と語った。

大泉洋

「とにかく粋で、照れ屋で、お客さんとも喧嘩してしまうような人だったという話も聞いてイメージを膨らませました。演じていて意外だったのは、劇中タケシを叱るシーンがたくさんあるんですが、『芸人は普段からボケろ。普段ボケないやつが舞台で面白いわけないだろう』と(怒る)。それが僕が思っていたものよりも、もっと強く怒るように監督から演出がありまして。本当に芸に厳しい人だったんだろうなと思いました」

「ただ、そのなかに非常に日本的な、表に感情を出さないというか、本当の思いとは逆側のものが表に出てくる、日本人らしいキャラクターだなと思いましたね」

柳楽優弥

タケシ役を演じた柳楽は、「準備段階としてタップダンスをしっかり習ったり、たけしさんの癖を自然に演じなければいけません。言葉の言い回しなどは松村(邦洋)さんに指導していただきました。プレッシャーというか、怖さもありましたね。クライマックスではバカヤローを連呼していて、たけしさんより言ったんじゃないかなって(笑)」とコメント。

そんな柳楽が演じたタケシについて、大泉は「柳楽くんの演技を見て『若い頃のたけしさんは、こうだったんだろうな』と思ったし、漫才のシーンでは、テレビで見ていたツービートの漫才が、そのまま再現されていて、柳楽優弥のすごさを感じました」と印象を語ると、「これは柳楽さんに演技指導をした松村(邦洋)さんがすごかったということだと思うので、これは松村さんの映画ですよ」と笑わせた。

セッションの終盤、本作が世界190の国と地域で配信されると聞いたひとり監督は「あらためて、190の国と地域に配信されると聞くとビビっちゃいますね(笑)。この作品が世界のどれだけの人に伝わるのか、楽しみです」と期待を語ると、「内容的には『イカゲーム』にかなり近いです。(イカゲームの)主人公は大泉さんそっくりですし。イカゲームが面白かった人は、浅草キッドも楽しんでいただけると思います」とボケを披露。

これに大泉が「僕が『イカゲーム』のあとに撮ったのが、この作品。イカゲームに続く、もうひとつの代表作にしたいです」と続け、柳楽も「本当にイカゲームに近い内容です(笑)」とさらにボケを重ねると、ひとり監督が「今、世界中に大嘘ついてるよ(笑)」とおどけてみせ、コンビネーションの良さをみせつけた。

最後にあらためて柳楽は「しっかりエンターテイメントとして楽しんで頂ける作品なので、世界中に人に楽しんでいただきたいです」と呼びかけ。大泉は「190の国と地域で観てもらえるとなると、この作品をきっかけに僕の人生も変わるかなと思うんですけど、Netflixでどれだけ『水曜どうでしょう』が配信されても、僕の評価はひとつも上がらないんですよね」と、“ボヤき”も残して締めくくった。

『浅草キッド』予告編 – Netflix


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button